時価総額3位と言われ、
国内外から熱い注目を
集めている仮想通貨


リップル



「今からでも間に合うの?」


その答えは、もちろん「YES」です。


価格が落ち着き、今が買い時だ
とも言われている「リップル」の
基礎知識を手に入れて、
XRP」デビューしてみませんか?


「リップル」の意味を知ろう

出だしで、


「リップルの情報を集めたかったのに、
「XRP」デビューってどういう意味?」


と、クエスチョンマークが浮かんだ方。


そんな初心者さんのために、
まずは、「リップル」という言葉の意味から、
一緒に学んでいきましょう。


私たちが普段呼んでいる


仮想通貨「リップル」


実は仮想通貨名としては
「XRP」という名称になります。


リップル社が発行している
仮想通貨なため、


「リップル」という名前が
浸透していますが、


実際に購入する際には「XRP」
という商品になる点を、
まずは覚えておきましょう。


また、これだけでなく
「リップル社」が提供している、


便利な国際間「送金システム」


についても、ややこしいことに
「リップル」と呼称されています。


そのため、「リップル」に詳しい
人間との会話では、


通貨のことを話しているのか


送金システムのことを指しているのか


それともリップル社について語っているのか


迷ってしまうこともあるでしょう。


こんな状態では、話が進みませんので、
ここから先はリップル社の仮想通貨のことを


XRP


リップル送金システムについては


送金システム


そして社名については

リップル社


として話を進めていくことにします。

 

気になる総発行量をチェック

仮想通貨への
投資や購入を考える場合、


必ず知っておきたいのが総発行量です。


実際の通貨であってもデフレや
インフレの影響を受け、


お札の価値が紙切れに
なってしまう例もあるため、
価値に見合った発行量で
あるかどうかを見極めることは重要です。



ビットコインなどは「マイニング
という作業によって、
通貨が新規に発行されます。


ですが、「XRP」には、
このような新規発行がない点も
大きな特徴となっていますよ。


「リップル社」が発行している「XRP」は、
事前に仮想通貨として発行すると
定められた1000億枚


そして現在、そのすべてが


発行済みの状態です。


そして、今後新規発行される予定は、
今のところありません。


それでは今現在、1000憶枚の
「XRP」が各所有者間を行ったり
来たりしているのでしょうか?


いいえ、「XRP」の流通量は、
1000憶枚から自然に減少していきます。


その理由が「リップル社」の
送金システム」です。


「リップル社」の「送金システム」が
便利な点については後程述べますが、
このシステムを利用する際に、
手数料が発生します。


この手数料にあたる「XRP」は
消失することになっているため、
少しずつ全体量が減っていくのです。


さらに、1000憶枚の「XRP」のうち、


630憶枚は「リップル社」が保有


しています。


630憶枚もの仮想通貨を
万が一、一気に放出してしまったら、


市場価値が大暴落することが
予想されるため、


現在は550憶枚が出回ることなく
ロックアップ」という凍結された
状態となっています。


「ロックアップ」されている「XRP」は今後、


2018年以降毎月10憶枚ずつ
放出される予定となっていて、


すべてが表に出るのは
55か月後の計算です。


(10憶枚を放出した月に
使いきれなかった残りは、
再度55か月ロックアップされます)


すなわち、「XRP」は1000憶枚
発行されているものの、
現在流通しているのはおよそ400憶枚。


4~5年後には、
1000億枚すべてが流通
し、


その中から消失した手数料分の
「XRP」を差し引いた量が
残ることになるでしょう。


「リップル社」が多くの「XRP」を
持っていることに不安を
感じていた投資家たちも、



この「ロックアップ」を行ったことで、
安心して購入できるようになり、
価値の安定に一役買っています。


 

「リップル社」ってどんな会社?

「ビットコイン」「イーサリアム」に次いで、
時価総額3位を誇る「XRP」


それを生み出した「リップル社」とは、
どのような会社なのでしょうか?


リップル社(Ripple.Inc)」は、
2012年9月に、アメリカ合衆国
カリフォルニア州で創業しました。


ですが、システムの開発自体は
2004年から進められており、

共同創業者であるChris Larsen氏が
「リップル社」で引き継いだと言う
経緯もあるため、長期にわたり、
丁寧に開発されたシステムだと言えます。


現在はCEOの座を引退している
Chris Larsen氏ですが、
彼が仲間と作り上げようとしていたのが、


度々名前の出てくる「送金システム」
としての「リップル」です。


どこでも自由に、短期間で送金できる
システムを構築する上で、


一般的に流通している貨幣ではなく、
仮想通貨「XRP」の存在が
必要だったんですね。


仮想通貨を流通させて、利益を得よう


という考えとは違うため
賛同者が多く、信頼性も高い「リップル社」


このあたりも、初心者向けの
仮想通貨だと言われることが
多い理由でしょう。


 

「リップル社」の便利な「送金システム」

お待たせしました!


それではいよいよ「リップル社」が
今後全世界に向けて、
推進していこうとしている


「送金システム」について


触れていきましょう。


今、社会がどんどん
グローバル化していく中で、

国際間でのお金のやりとりを
する機会が個人、企業
ともに増えています。


ですが、日本の銀行もそうなのですが、
国内の銀行から海外の銀行へ
お金を送ろうとすると


2~4日間ほどかかってしまうケースが多く
、業務に支障を来していました。


ところが、「リップル社」の
送金システム(RTXP)」なら、
この送金をたったの5秒~10秒程度
完了することができます。


「ビットコイン」などとは違い
送金に手数料がかかりますが、
銀行へ依頼するよりも
安価で送金できるため、


海外との取引が多い企業や
外国為替の購入、海外サイトでの
ショッピングなど、幅広い分野で
便利に使うことができるでしょう。

事実、日本の著名な銀行が
「リップル社」の「送金システム」と
提携をスタートさせています。


手数料を取ることで、
0円の取り引きで市場を荒らす
といった、ハッキングの被害を
減らすことにもつながっており、

「リップル社」の「送金システム」は
好意的に受け止められているようです。


 

「XRP」が買える取引所は?

世界的な「送金システム」に
改革を起こす「リップル社」


その将来に期待を込めるなら、
実際に「XRP」を購入することが
応援にも、投資にもつながります。


現在「XRP」の取り扱いがある、
仮想通貨取引所をチェックしてみましょう。


今後55か月かけて、1000憶枚を
流通させていくことも考慮し、



コインチェックのような被害に
遭わないためにも、セキュリティ面など
安全性に定評のある取引所を
選ぶことも重要です。


<「XRP」を購入できる主な取引所はこちら>

「GMOコイン」

「DMMbitcoin」

「ビットトレード」

「QUOINEX」

「ビットバンク」

「ビットポイント」

 

 

「XRP」を保管できるウォレットはあるの?

「XRP」への投資を考える多くの人間が、
数年後の値上がりに期待しています。


そのため、長期間保有になる
可能性が高いことから、
「ウォレット」の利用は必然だと言えます。


取引所で保管していた結果、
ハッキングの被害に遭ってしまった」


と言う例が度々報告される
仮想通貨の世界だからこそ、
自分だけの「ウォレット(お財布)」で
管理するようにしましょう。


<「XRP」を保管できる主な「ウォレット」はこちら>


Toast Wallet!(モバイルウォレット)

ripple-client-desktop(デスクトップウォレット)

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)(ハードウェアウォレット)

Gatehub(オンラインウォレット)

ripply-paper-wallet(ペーパーウォレット)

 

「ウォレット」には様々な種類があります。


こまめに取引を行いたい方には、
モバイルやオンラインウォレットが便利ですが、


その反面セキュリティ面が弱い
といった部分もあるため、取引の頻度や
保有量などによって、自分にあった
「ウォレット」を選択するようにしましょう。

 

 

さいごに

AIの行う予測でも、
今後2020年以降に価値の上昇が
期待されている「リップル」


「リップル社」が描く「送金システム」
についての未来に賛同できたなら、
取引所を覗いてみましょう。


購入した「XRP」は、
きちんとウォレットで保管し、
時を待ってくださいね。


仮想通貨を気長に温めたい


そんな方には特に「XRP」がオススメですよ。