イーサリアムとリップルには、それぞれをプラットフォームとして普及させるためのコミュニティが存在します。
イーサリアムとリップルのコミュニティを比較したとき、果たして規模が大きいのはどっちなのでしょうか?

イーサリアムのコミュニティとリップルのコミュニティ、どっちの概要もそれぞれ解説します。

イーサリアムのコミュニティについて

イーサリアムとリップルのコミュニティを比較すると、どっちの規模が大きいのでしょうか?
まずは、イーサリアムのコミュニティについて解説します。

イーサリアムのコミュニティとしてもっとも有名なのは、なんといっても“EEA(イーサリアム企業連合)”でしょう。
EEAとは、企業が事業の効率化に利用できるプラットフォームを提案し、企業にイーサリアムの導入を勧めることを目的とした連合のことです。

またEEAはイーサリアムを普及する目的だけでなく、企業全体が現行のシステムより利便性のあるシステムを採用し、世界経済に革新をもたらすことも目的として挙げています。

2017年に発足されたEEAにはすでに数多くの企業が参加しており、その数は300社近くにもなります。
それだけ、イーサリアムをプラットフォームとして導入することに興味を抱いている企業が多い証拠だと言えるでしょう。

EEAには三菱UFJ銀行やトヨタ自動車などの日本企業はもちろん、IntelやMasterCard、Microsoftなどの世界的な大企業も参加していることで有名です。

リップルのコミュニティについて

一方、リップルのコミュニティはどうでしょうか?
リップルのコミュニティとしてもっとも有名なのは、“内外為替一元化コンソーシアム”です。

内外為替一元化コンソーシアムは、金融機関がリップルを利用することで、これまでよりもスピーディーでコストの低い送金を実現しようというプロジェクトです。

つまりEEAと同じように、リップルの導入を検討している金融機関が参加しているコミュニティだということです。

みずほフィナンシャルグループや三井住友銀行といったメガバンクだけでなく、秋田銀行や琉球銀行なども内外為替一元化コンソーシアムに参加しています。

イーサリアムとリップル、コミュニティ規模はどっちが大きいの?

では、そろそろ本題に移りましょう。
イーサリアムのEEA、リップルの内外為替一元化コンソーシアムを比較すると、どっちの方がコミュニティとして大きいのでしょうか?
結論から言うと、“どちらの方が大きい”と断言するのは難しいです。

参加企業、参加金融機関の数で比較すると、イーサリアムのEEAの方が圧倒的に規模は大きいように感じます。
ただイーサリアムのEEAは“企業”が対象、リップルの内外為替一元化コンソーシアムは“金融機関”が対象のため、そもそもどっちの規模が大きいかは比較できないのです。

ただハッキリと言えるのは、イーサリアムとリップル、どっちのコミュニティも“プラットフォーム系通貨としては最大級”だということです。
言い換えればイーサリアムとリップルは、どっちもプラットフォーム系通貨としてもっとも期待されているコインだと言えるでしょう。

これだけ多くの企業・金融機関に支持されて大きなコミュニティを形成できるのは、それだけ双方の未来に期待されているということです。
またこれらのコミュニティはまだまだ規模の拡大が見込まれているため、長いスパンで注目しておくべきでしょう。

まとめ

イーサリアムとリップルのコミュニティは、どっちもプラットフォーム系通貨のコミュニティとしては絶対的な規模を誇っています。
イーサリアムとリップル以外にも、プラットフォーム系通貨としての普及を目指しているコインは多数あります。

イーサリアムとリップルのコミュニティが、どっちもこれからも順調に活動していけば、他のコインのコミュニティにおける道標になるかもしれません。

仮想通貨を取引する際は、コミュニティの動向もしっかりチェックする必要があるのです。