仮想通貨に投資する場合、投資先として魅力的なのが人気のあるイーサリアムか、値上がりした時に見返りが大きい草コインのどちらかだと思います。
どちらに投資したらいいのでしょうか?

投資先として見た場合、イーサリアムと草コインの違いは?


草コインと呼ばれるのは、取引所での取り扱いが少ないマイナーな仮想通貨やトークンです。
1万円あれば1万枚以上買えるものも珍しくないため、大量に持つことができるのが魅力です。
中には数万円で1億枚以上買うことができるものもあり、もしも1円以上になった場合は1億円以上になるという夢のあるコインです。

一方、イーサリアムは草コインとは違い、かなり価格が上がっている仮想通貨です。
現在は5万円前後で取引されていますが、最高で15万円以上の価格となったこともあり、ビットコインよりも単価が安いので投資しやすく安定性もあることで人気があります。

その一方で、イーサリアムはいきなり10倍以上になるということはもはや考えられず、よほどのことがない限りは2倍まで上がるのが精いっぱいでしょう。

その代わり、いきなり半額になったりすることもまずないため、手堅い投資には向いているといえます。
それぞれの違いから、堅実に投資をしたいならイーサリアム、投資で一気に勝ちたい場合は草コインがおすすめ、ということになります。

イーサリアムに投資をする場合の注意点


イーサリアムに投資をする場合、気を付けなければいけないのがICOです。
イーサリアムのプラットフォームを利用してICOを行うプロジェクトは多いのですが、その際の支払いにはほとんどETHが使われていて、中にはETH以外の支払いができないプロジェクトもあります。
そうなると、多くの人が期待するプロジェクトがICOを行う際には、ETHが購入されることが増えるため、ETHが高騰しやすくなります。

また、ICOが終了したタイミングには、高騰しているからと余ったETHを手放す人が増えるため、今度は暴落する可能性が高くなるでしょう。
イーサリアムに何かしらの動きがあった場合は価格が動きますが、イーサリアムに動きがなくても、そのプラットフォームを利用してトークンを発行したプロジェクトに何らかの動きがあった場合、連動してイーサリアムの価格も動きやすいという特徴があります。

イーサリアムに投資する場合は、イーサリアムだけではなくERC20などの規格で発行されているトークンを利用するプロジェクトのうち、代表的なものに対しても注意しておいた方がいいでしょう。

草コインに投資する際の注意点


草コインに投資する場合も注意点があります。

草コインといわれるものは、プロジェクトの目的などに応じてICOで資金を集めることが多いのですが、そのプロジェクトは構想段階という場合も少なくありません。
ICOの段階で、すでに本格的な動きを見せている場合もありますが、それはごくわずかです。
草コインといわれるプロジェクトは、本当にプロジェクトが動くかどうか、未知数の状態なのです。

中には資金だけ集めてプロジェクトを進めない、詐欺のような草コインもあります。
また、そのつもりはなくても、プロジェクトを進めていくうちに無理が生じて、結局頓挫してしまう場合もあります。
イーサリアムに投資するのとは違い、草コインに投資する場合はそのプロジェクトが本当に動き出すのか、また実現可能なぷふぉジェクトなのか、という点に注意して投資先を決めなければいけません。

また、草コインのほとんどは国内の取引所では扱っていないため、バイナンスなど海外の取引所に口座を開かなければいけません。
取引の際も、日本円ではなくBTCやETHなどの仮想通貨との取引が主となるので、交換レートにも注意が必要となります。

草コインに投資する際は、こういったところにも気をつけましょう。

まとめ


イーサリアムと草コインは、その性質が全く異なります。
そのため、投資先にイーサリアムと草コインのどちらがいいのかと思った場合は、それぞれの特徴から考えてみるといいでしょう。

特に草コインは数が多いので、信頼できるプロジェクトを吟味してから投資しましょう。