イーサリアムで近年注目され始めているのは、“オフチェーン”を利用したネットワークと関連するプロジェクトです。
まずは概要について解説し、関連するプロジェクトもいくつか紹介したいと思います。

イーサリアムのオフチェーンの概要と仕組み

イーサリアムでの送金や取引データの保存は、本来であればブロックチェーン上で行われます。
このような通常通りの送金・取引データの保存を“オンチェーン”というのに対し、ブロックチェーン外で実行される送金やデータの保存を“オフチェーン”と言います。

イーサリアムにおけるオンチェーンの取引は、マイニングによってデータの整合性が承認される事で完了します。
オフチェーンの場合はマイニングによる承認がないので、送金スピードが速くなるだけでなく、マイナーの負担も軽くなります。
つまりスケーラビリティ問題の大幅な改善が見込まれるという事です。

では次は、イーサリアムのオフチェーンを利用したネットワーク、関連するプロジェクトについて解説しましょう。

イーサリアムのオフチェーンを利用したネットワークとは?

イーサリアムでは、オフチェーンを利用したネットワークである“Raiden Network”の開発が着実に進んでいます。
トランザクションにおける途中のデータはブロックチェーンの外に保存され、トランザクションの最終的な結果だけがオンチェーンで保存されます。
データを分配して保存することで、使用するブロックの容量は格段に少なくなります。
手数料の節約効果もあります。

イーサリアムだけでなく、ビットコインでも“Lightning Network”というオフチェーンを利用したネットワークが開発されていますが、Raiden Networkは少し異なる特徴を持っています。
Raiden Networkには、ブロックチェーン上でトークンを預り金として利用し、やり取りをする“Balance Proof”という独自の仕組みが採用されています。

まだイーサリアムに実装はされていませんが、トークンは既にリリース済みで順調に価格を上昇させています。

イーサリアムにおけるオフチェーン関連プロジェクトについて

イーサリアムでは、Raiden Network以外にも様々なオフチェーン関連プロジェクトが計画されています。
まず紹介したいのは、“μ Raiden”です。

μ Raidenは、先ほど紹介したRaiden Networkと似たようなプロジェクトです。
ただμ Raidenは決してRaiden Networkに依存しているわけではなく、あくまで単体のプロジェクトとして存在しています。

Dappsの開発者がペイメントチャネルを新しく開くためのスキルを提供するというのが、μ Raidenを開発する主な目的です。
その他のイーサリアムにおけるオフチェーン関連プロジェクトとして、“プラズマ”が挙げられます。
プラズマはRaiden Networkと同じように、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する為に実装される予定のプロジェクトです。

イーサリアムのブロックチェーンを親として、子であるプラズマブロックチェーンが、最終的な状態のみをイーサリアムのブロックチェーンに送信します。
“シャーディング”も、イーサリアムにおけるオフチェーン関連プロジェクトの1つです。
取引における検証を複数のノード群で並行して行うことで、イーサリアムのスケーラビリティ問題を改善します。

シャーディングと同時期に実装される事が予定されているのは“キャスパー”というプロジェクトで、イーサリアムはこのプロジェクトによってPoWからPoSへの移行を目指しています。

キャスパーは厳密に言うとイーサリアムのオフチェーン関連プロジェクトではありませんが、シャーディングとの同時実装を実現することで、相乗効果が期待されています。

まとめ

イーサリアムは今後、オフチェーンを利用したネットワークと関連プロジェクトによって、さらにユーザーにとって魅力的な仮想通貨・プラットフォームとなることが予想されています。

また他の仮想通貨でも、Liskの“サイドチェーン”のようにオフチェーンは取り入れられています。
今後も業界全体の動向から目が離せません。