暗号通貨市場において、
ビットコインに次ぐ
第2の取引となっている


イーサリアム(Ethereum)


2013年に誕生したこの仮想通貨は、
ビットコインと同じブロックチェーン
技術を用いられています。


ただしビットコインと比べると
イーサリアムのブロックチェーンは、


アプリケーションの
プラットフォームとして
活用できるようになっており、


様々なプログラムが書き込めるように
なっていることが特徴といえます。


ここではイーサリアムの
ブロックチェーンについて
詳しく見ていきたいと思います。

 

 

イーサリアムの特徴

 

・イーサリアムとは

イーサリアムは、2013年に始まった
仮想通貨で、当時19歳の少年


ヴィタリック・ブリテン


により生み出されました。


ヴィタリック・ブリテンは、
ビットコインの記事を執筆する
アルバイトをしており、


ビットコインの
ブロックチェーン技術に
関心を示したことが、
のちに影響を与えることになりました。

 

 

・ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、
取引データのことを言います。


取引履歴のことを
トランザクションといいますが、
トランザクションをまとめたものを
ブロック」といいます。


このブロックを鎖のように
つないだものが「ブロックチェーン」で、
ブロックに記録された取引情報を
共有することができます。


私たちは日常的に使う通貨は、
その国の政府が管理しています。


しかしブロックチェーンにおいては、
このような中央で行われる
管理組織はありません。


P2Pネットワークを利用し
分散して管理されています。


ネットワークで記録が
共有されますから、
改ざんも難しいとされています。

 

 

・イーサリアムのブロックチェーン

イーサリアムの
最大の特徴は、この


「ブロックチェーン」


にあるといわれます。


ビットコインは通貨としての
機能に優れていますが、


イーサリアムは
ブロックチェーンを
単なる取引履歴として
活用するのではなく、


アプリケーションの
プラットフォームとしても
活用できるように
なっていることが特徴です。


もともとヴィタリック・ブリテンは、
通貨として発展させるためではなく、


あらゆる目的に使える
アプリケーションの
プラットフォームとして
発展させていきたいと考えたのです。

 

 

 

イーサリアムのブロックチェーンの特徴

イーサリアムとビットコインは、
ブロックチェーン技術を用いた
暗号通貨であるために
比較されることは多いですが、


ブロックチェーンをどのように
活用しているかという点に
おいて大きく差があるといえます。


イーサリアムの
ブロックチェーンの特徴である


分散型アプリケーション(DApps)



についてお伝えしていきます。

 

 

・分散型アプリケーション(DApps)について

イーサリアムのブロックは、
アプリケーションの
プラットフォームとして


活用できるところが
最大の特徴だといえます。


イーサリアムの分散型
アプリケーション(DApps)は、


通貨のように中央で
管理しているのではなく、


ブロックごとにある
アプリケーションが
独立して働くようになっています。


アプリケーションというと
WEB上にあるものを
想像すると思いますが、


WEB上のアプリケーションは
サーバーで管理されています。


つまり中央が管理している
という点において、
分散型アプリケーションとは異なります。


もちろんイーサリアムの
アプリケーションは、
Webアプリケーションのように
動作させることができます。

 

 

・スマートコントラクト

イーサリアムには、


スマートコントラクト


という機能があります。


スマートコントラクトを
簡単にいいますと「契約」です。


契約条件に合致した場合、
自動的に契約を執行することが
できるシステムなのです。

 

 

 

イーサリアムのプラットフォーム(ブロックチェーン)を使ったトークンが多い理由

 

イーサリアムのプラットフォーム
(ブロックチェーン)を使った
トークンが増えています。


イーサリアムのブロックチェーンは、
とても柔軟に拡張していくことが
できるからです。


トークンとは、個人や企業が
自由に発行できる通貨の代わり
なるようなものです。


発行に制限もありません。


発行した個人や
企業のサービスにおいて、
価値があるものになります。


トークンは、ブロックチェーン技術を
利用して発行されます。


トークンを発行することによって、
個人や企業は資金調達
することができます。


ICOと呼ばれており、
魅力的な資金調達方法といえます。


イーサリアムのブロックチェーンを
活用したアプリケーションには、
発行されたトークンが利用されます。


アプリケーションの参加者には、
トークンによって報酬
支払われることになります。


今までこのトークンについては
統一的なルールのようなものは
ありませんでしたが、


トークンが安全なものであると
判断できるように、


ERC20



と呼ばれる規格ができました。


このERC20とは、イーサリアムの
ブロックチェーンを使った
トークンです。


そのため ERC20に準拠していれば、
安全性も高いといえますので、
参加者が増えているのです。


イーサリアムの
ブロックチェーン技術は、
セキュリティも高く、低コスト
活用することができますので、


これからも独自トークンを
作成する個人の企業は
増えていくでしょう。

 

 

 

イーサリアムとイーサリアムクラシックの違い

イーサリアムは、
仮想通貨の中でも
知名度が高いと言えます。


仮想通貨の中で、


イーサリアムクラシック



と呼ばれるものがあります。


同じ名称の仮想通貨ではありますが、
全く別物ですので、


ここでその違いについて
お伝えしたいと思います。


もともとイーサリアムと
イーサリアムクラシックは、
同じイーサリアムでした。


イーサリアムクラシックにも
スマートコントラクトが
実装
されており、


分散型アプリケーションとして
活用することができます。


イーサリアムとイーサリアムクラシック、
誕生の背景を見ていきたいと思います。

 

 

・イーサリアムとイーサリアムクラシック、誕生の背景

イーサリアムには、「The Dao」と
呼ばれるサービスがあり、


そのサービスがハッキングを受け、
約50億円分のイーサリアムが
盗まれるという事件がありました。


このハッキングに対処するため、
イーサリアムの開発チームは、


ブロックチェーンをハッキング前の
状態に戻すことにし、


ハッキング自体を
なくしてしまうことにしました。


イーサリアムの特徴は、
P2Pネットワークを利用した
分散管理で、


中央から管理を受けない
ブロックチェーン技術である
といえます。


しかしこのハッキングの一件によって、
中央集権的な対応を行いました。


多くの賛同を得たのですが、
一部の反発者
出ることになりました。


この反発者によって誕生したのが
イーサリアムクラシック」です。

 

 

・イーサリアムとイーサリアムクラシックの違い

もともと同じイーサリアムですので、
機能的にはほぼ同じと言えます。


決定的に違うところは、
「発行上限」「減少期」にあります。


イーサリアムには、発行上限が
定めてられていませんが、


イーサリアムクラシックでは、
2億1000万ETC、
最大値で
2億3000万ETC
予定しています。


仮想通貨ではマイニングによって
報酬を受け取ることができますが、
イーサリアムクラシックでは


500万ブロックごとに
マイニング報酬が

20パーセント減少するという
減少期の仕組みがあります。

 

 

 

まとめ

 

イーサリアムの
ブロックチェーンについて
みてきました。


イーサリアムは仮想通貨の
時価総額において
ビットコインに次ぐ
2位となっており、


ロシアからも支援を受けている
といわれています。


仮想通貨の中でも
安定した信頼感がある
といえるでしょう。


ビットコインのブロックチェーンに
影響を受けて開発されましたが、


仮想通貨のシステムよりも、
アプリケーションのプラットフォーム
として幅広く活用されています。


柔軟に拡張することが
できますので、これからも
さらに拡大していくでしょう。


ますます目が離せない仮想通貨です。