イーサリアムのユーザーの方で、“自分の取引データは正しく処理されているのか”と気になったことがある方はいませんか?
イーサリアムのブロックチェーンの取引データが正しく処理されているかどうかは、専用のツールを利用すれば確認可能です。

ツールの概要と確認の方法を解説しましょう。

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるツールって?

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるツールは、“イーサスキャン”という専用ツールです。
イーサスキャンはイーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるだけでなく、チャートや総供給量などの情報、ERC20トークンの情報もチェックできます。

イーサリアム対応ウォレットであるMy Ether Walletとセットで利用します。

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるイーサスキャンの使い方①ID番号の検索

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるイーサスキャンを利用するには、“トランザクションID”が必要です。
トランザクションIDとは、取引データに割り振られたID番号のことです。

イーサスキャンにアクセスしてID番号を入力して検索すれば、その取引データが正しく処理されているかどうかがわかります。
ではまず、ID番号の確認手順から解説しましょう。

まず、イーサリアムを送金する際に利用した取引所にログインします。
仮想通貨の入出金情報から取引履歴をチェックし、送金した期間を指定して検索します。

すると各取引データのID番号が表示されるため、その中からイーサスキャンに検索をかけたい取引データのID番号を探し、コピーします。
これでOKです。

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるイーサスキャンの使い方②取引データの処理確認方法

次はいよいよ、イーサリアムのブロックチェーンの取引データが正しく処理されているかどうかの確認方法です。

まずはイーサスキャンにアクセスして、検索ウインドウに先ほどコピーしたID番号を貼りつけましょう。
検索をしてヒットしたら、その取引データの内容が画面に表示されます。

確認するポイントは、画面中央上部の表示です。
画面中央上部に緑の文字で“success”と表示されている場合、取引データは正しく処理されています。
逆にもしイーサリアムのブロックチェーンの取引データが正しく処理されていない場合は、“pending”と表示されるのですぐにわかります。

もし自分が確認したい取引データがヒットしない場合は、1度ID番号に誤りがないか確認しましょう。
また取引データがヒットしない理由として、“検索が早すぎる”という理由もあります。

イーサリアムの取引をしてすぐに検索した場合、まだネットワークがその取引を認知していないケースがあります。

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるイーサスキャンの使い方③取引データの詳細確認方法

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるイーサスキャンでは、取引データの詳しい内容をさらにチェックすることができます。
その取引におけるブロック番号や送金アドレス、受金アドレス、送金した額、送金手数料などを確認できます。

取引データの確認と同じ画面で確認できるので、非常に簡単です。

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるイーサスキャンの使い方④未確認取引データの確認方法

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるEttherscanでは、まだ送金が完了せず、保留となっている取引データの確認も可能です。
イーサスキャンにアクセスして、“BLOCKCHAIN”から“View Pending Txns”と進むと、まだ送金が完了していない取引データの数を確認できます。

イーサリアムは取引量の多い仮想通貨のため、送金詰まりがたびたび発生します。

そんなときはこの機能を利用して、未確認取引データの数をしっかり把握しておきましょう。

まとめ

イーサリアムのブロックチェーンの取引データが確認できるイーサスキャンは、さまざまな場面で利用可能なツールです。
特に高騰などで取引の承認が遅れ気味の場合などに、ぜひ活用しましょう。

またもしイーサリアムの取引データに興味があるという方は、イーサスキャンで取引データの中を詳しく見てみるのもいいと思います。

常に使う可能性があるので、イーサスキャンはブックマークしておくことをおすすめします。