イーサリアムとは?

 

イーサリアム(Ethereum)
あるいはイーサ(Ether)という名前は、


仮想通貨の取引をしたことのある人なら
一度は聞いたことがあるかと思います。


ビットコインに次ぐ世界第二位の
時価総額を誇るこの仮想通貨は、


ビットコイン同様に
ブロックチェーン技術
利用したものです。


そのためどちらも特定の
管理者を必要としない「非中央政権」の
仕組みを持つ仮想通貨ですが、


一体この二つにはどのような違いがあり、
また仕組みとなっているのでしょうか。


なお本来イーサリアムとは
システムそのものの名称であり、
仮想通貨の単位としての
正式名称がイーサとなります。


ただ、今回は分かりやすくするために
イーサリアムで統一していきます。


 

ビットコインとの違い

どちらもブロックチェーン技術を
使用していますが、使用目的も
ブロックチェーンの仕組みも全く異なります。


ビットコインはサーバー(管理者)を介さず、
利用者同士が直接仮想通貨の
やり取りをするために生まれました。


海外に送金する際も銀行や外為を
経由すると時間と手数料が
大幅に取られてしまいますが、


ビットコインはその経由地が
無いために即座に、
かつ低い手数料で個人間で
直接送金出来ます。


現在は決済のための
仮想通貨として使われていますし、
円やドルといった通貨の代わりに
支払いを行える場所も増えてきています。


日本ではビッグカメラや旅行会社の
HISなどが先駆けてビットコインの
支払を行えるようになりました。


円やドルのように国によって
価値の変わるお金ではなく、
世界中で共通の価値を持つ
お金がビットコインなのです。


一方イーサリアムは、元々は
分散型アプリケーションを作成するための
プラットフォームとして生まれました。


基礎となるイーサリアムの
ブロックチェーン技術を利用して、
利用者が自由に開発を行い、
様々な価値を生み出していきます。


またイーサリアムを基礎とした
仮想通貨はイーサだけでなく、


トロン(TRON)やアイコン(ICON)
といった様々なトークン(仮想通貨)が
生み出されています。


これもまたイーサリアムの特徴で、
拡張性が高くトークンを
作りやすいという仕組みになっています。


イーサリアムの開発の価値は、
そこから生まれた仮想通貨の
価値にもつながってくるのです。


 

ブロックチェーンの仕組み

最大の違いとしては、
ブロックチェーンに書き込める
情報の違いです。


ビットコインは


誰が誰にどれくらい送金したか


といった情報がブロックに記録されます。


一度記録されたブロックが
生成されれば改ざんや盗難が難しく、
半永久的に記録が残ります。


この記録はブロックチェーン利用者であれば
誰でも閲覧できるというのも特徴です。


イーサリアムはこれに加えて
ブロックチェーン上に様々な
プログラムを書き込めます。


これにより「スマートコントラクト」と
呼ばれるような機能が付随しているのが
一番の特徴です。


ここでのスマートコントラクトとは
契約の自動化のことを指します。


Aの条件時は
Bのプログラムを実行する


Cの条件時なら
Dのプログラムを実行する


といったように、



行動をプログラムとして書き込み、
条件が満たされたときに
自動的に実行されます。


これは契約行動においても同様に
自動化することができます。


ブロックチェーン上で自動的に
実行され取引内容が
記録されるため、


安全かつ透明性の
高い契約が行われます。


同時に、現在の紙面における対面して
押印やサインをして……
といった契約行動が不要になるため、
コストの削減も期待されています。


また、ブロックチェーンのブロックが
生成されるにはビットコインが
約10分かかるのに対して、
イーサリアムは約15秒で生成されます。


この生成時間が短いということは
承認時間も短いということになり、
送金にかかる時間もそれだけ短くなります。


利用者としては大変便利で
イーサリアムの方がいいのでは?


と思うかもしれませんが、
スピードが速ければその分
セキュリティも低くなってしまう、


無駄なブロックの生成作業が
発生するといった欠点もあります。

 

 

発行上限

仮想通貨はマイニング(採掘)という
作業を行った際に、
マイニングした人に対してのみ
新規発行されます。


取引所以外での売買以外に
仮想通貨を得ることの
できる方法ですが、


膨大なパソコンのリソースがかかるのと
メジャーな仮想通貨だと
競争率が激しいものとなっています。


さて、現在イーサリアムには
発行上限が設けられていません。


既に9800万ETCが発行されており、
今後も更に発行されていくと予想されます。


一方でビットコインの発行上限は
2100万BTCと決められています。


今現在も少しずつ発行されていますし、
全てのビットコインが発行を
終了すればその後は
1BTCも発行されません。


発行が終了したビットコインの
価値が下がるかと言えば
そうではありませんが、


相対的に他の仮想通貨の
価値が上がるとは見られています。


その時最も価値が上がると
言われているのが、
時価総額2位のイーサリアムです。

 

 

将来が期待できる仮想通貨

多くの優秀なトークンの
基礎となっていることや、


スマートコントラクトで
既存の人の手で行われていた
コストや手間の削減に
大いに貢献すると予想されていること、


またビットコイン同様支払に
使おうとする動きも増えてきています。


今後更に注目度が
高まっていくイーサリアムは、
将来に期待が出来る
仮想通貨と言えるでしょう。