イーサリアムでは、ブロックチェーン技術の1つである“プライベートチェーン”を使った取り組みがされています。
ブロックチェーンは知っていても、プライベートチェーンについて多くを語れる方は少ないと思います。
今回はイーサリアムのプライベートチェーンの概要と、プライベートチェーンの課題を併せて解説します。

イーサリアムで利用されているプライベートチェーンの概要

イーサリアムで利用されているプライベートチェーンとは、簡単に言うと“1つの組織”の中で管理されているブロックチェーンのことを指します。
ブロックの生成、取引データの承認が可能なのは一部のノードのみとなります。

ノードが限定されるため、マイナーが少なく承認時間が非常にスピーディーなのが特徴です。
また1つの組織の中で管理されているということは、信頼し合っているマイナーしか存在しないということになります。

したがってプライベートチェーンにおけるマイニングでは、マイニング報酬を支払う必要がありません。
ノードが少ないため、管理が容易だという特徴もあります。

イーサリアムの他にも、リップルなどでプライベートチェーンは利用されています。

イーサリアムで利用されているプライベートチェーンと逆の技術とは?

イーサリアムで利用されているプライベートチェーンと逆の技術は、“パブリックチェーン”といいます。
パプリックチェーンはプライベートチェーンと違い、取引の承認者が限定されていません。
誰でも取引が可能で、誰でもデータが確認できる仕組みになっています。

ネットワーク上に存在する有志が取引の承認作業を行うところも、プライベートチェーンとは大きく異なるところです。

またパブリックチェーンは世界中のユーザーから監視されているため、データの改ざんはほぼ不可能だと言われています。
ただプライベートチェーンと比べると、取引を承認するのに時間がかかるという欠点があります。

イーサリアムのプライベートチェーンを利用した取り組みとは?

イーサリアムのプライベートチェーンを利用した取り組みは、“EEA(Enterprise Ethereum Alliance)”です。
EEAとは、企業向けのプラットフォームとしてイーサリアムを提供し、導入を勧めるための組織のことを言います。
企業や金融機関での取引にはプライベートなシステムが必要なため、その環境づくりを実現するためにEEAは発足したのです。

この取り組みには多くの企業が賛同し、日本からも三菱UFJやトヨタ自動車の子会社などが参加しています。

イーサリアムで利用されているプライベートチェーンにはどんな課題がある?

イーサリアムで利用されているプライベートチェーンは、信頼し合っているマイナーしか存在しないという話をしました。
ただいくら信頼し合っているとはいえ、内部での不正が発覚しないという保証はありません。

もしプライベートチェーンの内部で不正が起こってしまうと、プライベートチェーンのメリットが一気に失われることにも繋がります。
またプライベートチェーンは、管理の対象ノードを限定することで、スピーディーな承認や管理の簡便化を図ることができています。

ただネットワークの規模が大きくなってしまうと、承認するノードの数が少ないため、一気にスケーラビリティに問題が生じます。
またイーサリアムで利用されているプライベートチェーンは、はっきり言って“中央集権的”な技術です。

仮想通貨の大きなメリットである“非中央集権的”な仕組みではないため、ユーザーにとっては少し不安な面もあります。

まとめ

イーサリアムはプライベートチェーンを利用した取り組みを行うことで、イーサリアム自体の価値・認知度をさらに上昇させようと努力しています。

ただプライベートチェーンの良し悪しについては賛否両論あるため、利用する場合はしっかりメリットとデメリットを把握することが大切です。

プライベートチェーンは、これからのイーサリアムを支え続ける技術であることは間違いありません。