イーサリアムの性能について調べていたり、ICOについて調べていたりすると、“ERC20”という言葉を目にする機会が多いと思います。

今回はイーサリアムの性能を活かしたERC20の概要やメリット、主なトークンについて解説します。

イーサリアムの性能を活かした“ERC20”の概要

ERC20とは、簡単に言うとイーサリアムをプラットフォームとして発行されるトークンにおける“規則”の事を言います。
ERC20はICOでトークンを発行する際によく用いられる為、言葉を目にする機会も多いのです。
ERC20は、トークンを発行する側だけでなくユーザーにとってもメリットがある規則です。
ERC20を利用して発行されたトークンには互換性があり、取引所における審査に通りやすいというメリットがあります。

また互換性がある事で、ERC20を利用して発行されたトークンの管理がある程度パターン化出来る為、取引所にとっても取扱いやすくなります。
またICOにおいてERC20がよく用いられているのも、トークンを発行する側、ユーザーの両方にメリットがある為です。

ERC20を利用してICOを行うトークンの発行者は、ERC20に対応しているウォレットを利用出来る為、負担もコストもかかりにくくなります。
またユーザーにとっても、ERC20を利用したICOは共通する規則に沿って行われるため、参加しやすいというメリットがあります。

ERC20対応のウォレットを利用すれば、異なるトークンでもやり取りができ、Dappsがより利用しやすい環境が出来上がる事もユーザーのメリットです。

イーサリアムの性能を活かした主な“ERC20トークン”

イーサリアムの性能を活かして発行された、主なERC20トークンを紹介しましょう。
近年注目度が高いのは、“未来予測市場”という新しいジャンルでの活躍が期待される“Augur(オーガー)”です。
イーサリアムの性能であるスマートコントラクトを利用して、賭け事のルールを徹底し、勝ち負けの結果に応じて報酬が支払われる仕組みを実現しています。

またAugurには胴元が存在せず、“レポーター”という特定の人物によって事実確認がされる為、これまでのギャンブルで発生していた胴元へのマージンもありません。
レポーターは正しい事実確認・報告によって評価を上げ、その作業に対するマージンを獲得出来るという仕組みです。

後は、“OmiseGo(オミセゴー)”も代表的なERC20トークンです。
OmiseGoは、イーサリアムの性能を活かして、オンラインでの決済が可能なプラットフォームとしてサービスを提供しています。
ブロックチェーンを利用したOmiseGoのネットワークを利用する事で、モバイル端末のみでの送金・決済が可能になります。
従来の送金・決済システムのように、銀行口座やクレジットカードを用意する必要はありません。
OmiseGoは東南アジアでサービスの幅を広げている“Omise”によって展開されています。
東南アジアには、簡単に銀行口座やクレジットカードを保有出来ない環境の国が多い為、OmiseGoは重宝されています。

最後に、ネットワーク内におけるコンピュータリソースレンタルプラットフォーム“Golem(ゴーレム)”を紹介します。
Golemのプラットフォームを利用する事で、ハイスペックなコンピュータと同等の処理速度が実現出来ます。
Golemのネットワークで世界中のコンピュータのスペックを結集し、提供するという仕組みです。
プロトコルを現在よりも柔軟にする事で、あらゆるユースケースに対応出来ると期待されているERC20トークンです。

この他にも、イーサリアムの性能を活かしたERC20トークンは数えきれないほどリリースされています。
またトークンの時価総額ランキングを見ても、上位にランクインしているのはほとんどERC20トークンです。
ICO全体の8割~9割で利用されていると言われているERC20は、これからICOを独占する可能性も高いでしょう。

まとめ

イーサリアムの性能は、決済方法よりもプラットフォームで大きな力を発揮しています。

まだまだ無数にあるERC20トークンが認知され、価格を上昇させていけば、必然的にイーサリアム自体の価格上昇にも繋がるでしょう。