革新的なオンラインカジノプラットフォームとなることを目標に、2017年にリリースされたカルダノ。
ただカルダノは一時期、“詐欺コイン”だと多くのユーザーに疑われていたことがあります。

なぜカルダノが詐欺コイン扱いをされてしまったのか、その原因を詳しく解説しましょう。

カルダノが詐欺コイン扱いをされた原因①プレセールにおける不審な点があった

カルダノが詐欺コイン扱いをされた大きな原因の1つに、プレセールにおける不審な点が挙げられます。
カルダノで利用されるトークンであるエイダコインは、プレセールにおいて一般的な価格よりも大幅に高い価格で販売されました。

最低購入単位1,000ドル(約11万円)という破格の価格で実施されたプレセールは、気軽に参加するのは難しいものだと多くのユーザーから否定されています。

また他の仮想通貨において、過去にプレセールを実施しただけで仮想通貨をリリースせず、そのまま資金を持ち逃げしたというケースもあります。

こういった詐欺行為が行われる場合、大抵はプレセールにおける最低購入単位が高めに設定されているため、カルダノは詐欺コインだと疑われてしまったのです。
またカルダノは海外で開発された仮想通貨にも関わらず、なぜか日本だけで先行プレリリースが実施されました。

日本は確かにパチンコなどのギャンブルが盛んな国であり、それを見越して先行プレリリースの対象に選んだとも言われていますが、日本だけで行われるのは少し不自然です。
カジノという文化をあまり知らない日本をターゲットに、詐欺行為を働こうとしたのではないかとも言われています。

カルダノが詐欺コイン扱いをされた原因②宣伝の仕方に不審な点があった

カルダノが詐欺コインのレッテルを貼られてしまったもう1つの原因に、宣伝の仕方における不審な点も挙げられます。
カルダノは、宣伝方法に“マルチレベルマーケティング”という方法を取り入れていました。
これはカルダノを宣伝してくれる人物を紹介することで、その紹介する側の人物に報酬が支払われるという仕組みの宣伝方法です。
馴染みのある言葉で言うと、いわゆる“マルチ商法”ですね。
紹介する側の人物は、カルダノを宣伝できる人物を紹介することで、ビットコイン払いでの報酬を受け取っていたといいます。

日本国内におけるマルチ商法と言えば、ハッキリ言って詐欺のイメージがほとんどなので、カルダノが詐欺コイン扱いをされるのは仕方ないでしょう。

実際マルチレベルマーケティングという宣伝方法は合法なのですが、これによってカルダノが詐欺のイメージを仮想通貨ユーザーに植え付けてしまったことは間違いありません。

カルダノが詐欺コイン扱いをされた原因③リリースの予定が大きく遅れた

リリースの予定が大きく遅れたことも、カルダノが詐欺コイン扱いをされてしまった原因の1つです。
当初は2016年の年末にリリースされる予定でしたが、最終的に取引所に上場して取引が可能になったのは、2017年10月のことでした。

しかもリリースが延期されたのは1回ではなく複数回です。
これだけリリースの予定が遅れたことで、プレセールでコインを購入したユーザーの多くに不安を与えてしまうことになりました。

またカルダノからリリースに関する公式のアナウンスもなかなかされなかったため、詐欺コインという情報が広く出回る事態に発展しています。

まとめ

カルダノが詐欺コイン扱いをされてしまった原因について解説しました。
では実際カルダノは詐欺コインなのかと問われると、ハッキリとは断言できません。

リリースが遅れながらも結果的に上場を果たしている上に、リリース後の価格推移も至って順調です。

カルダノが詐欺コインというイメージを払拭するには、これからロードマップで予定されているプロジェクトを、できる限り遅延なくクリアしていくことが重要でしょう。