ステラとリップルは比較されることが多い仮想通貨のため、どちらに投資すればよいのか迷っている方も多いと思います。
どちらに投資すればいいという明確な答えはありませんが、どちらへの投資に向いているかを考えれば、必然的に向いている方に投資する方がいいと言えるでしょう。

今回はステラの投資に向いている方について解説しますので、リップルと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ステラとリップルならステラに向いている人①価格が安定しているコインに投資したい人

ステラとリップルを比較したとき、ステラの方が比較的価格が安定しています。
ステラは発行枚数を年に1%ずつ増加させることによって、少しずつ価格が変動するような仕組みを実現しています。
言い換えれば、価格が大きく変動することなく、価格が安定しているということです。

ステラは他の通貨に比べて、今後も価格が乱高下する可能性も低いでしょう。
リップルでも価格変動をなるべく抑えるための取り組みは進んでいますが、過去には1XRP=約400円まで価格が上昇したことがあります。

したがってステラに比べると、現段階ではある程度価格の変動を見せる可能性が高いということになります。

価格が安定しているコインを長期保有したい方、また価格が安定しているコインを決済手段として利用したい方にとって、ステラはリップルより向いているコインだと言えるでしょう。

ステラとリップルならステラに向いている人②海外送金の利用頻度が多い人

ステラの利用に向いているのは、海外送金の利用頻度が高い方です。
ステラもリップルも海外送金システムとして注目を集めていますが、リップルは“企業・金融機関向け”、ステラは“個人向け”という大きな違いがあります

ステラは個人向けの送金システムとして機能するため、少額の金額をよりスピーディーに送金することができます。

したがって普段からよく海外送金を利用するという方は、リップルよりも少しでも個人が利用しやすいステラを選ぶべきでしょう。

ステラを利用した海外送金は、スピーディーなだけでなくコストも非常にお手頃のため、新興国でのユーザー増加が見込まれています。

ステラとリップルならステラに向いている人③海外取引所をよく利用する人

ステラはリップルに比べて、圧倒的に日本国内で取引できる取引所が少ないです。
ステラが取引できる国内取引所はMr.Exchangeのみで、お世辞にも大手とは言えない取引所のため信頼性にも少し不安があります。

つまりステラの投資に向いているのは、普段から海外取引所でよく仮想通貨の取引をしているという方です。

中でも“Binance”“Kraken”などの口座を持っている方は、特にステラへの投資をおすすめします。
両方のコインを同じ国内取引所で取引するのは不可能なため、とりあえず海外取引所の利用が多い方はステラ、国内取引所の利用が多い方はリップルに投資すべきです。

これからステラを取り扱う国内取引所は増加するかもしれませんが、大手取引所の上場が発表されない限り、なかなかすぐには国内で購入できないでしょう。
もし最初に取引するコインとしての選択で、ステラとリップルを天秤にかけている方がいれば、正直ステラはおすすめできません。

いきなり海外取引所を利用するのはハードルが高いですし、最初に取引すべき主要なコインはほとんど国内取引所から投資できます。

まとめ

ステラとリップルを比較されることが多いのは、仕組みが似ていることと開発者に共通点があるためです。
ただそれぞれのコインの特徴をよくチェックすれば、自分はどちらに投資すればよいのかがすぐにわかります。

国内の取引所でステラとリップルを同時に取引できる日がくれば、今よりもっと双方のユーザーは増加し、比較しながら投資しやすくなるでしょう。
どちらも投資すべき仮想通貨であることには変わりないので、今後も価格はチェックしておきましょう。