仮想通貨が一般的に
なったことによって、
ブロックチェーン技術
広く知られるようになりました。


ブロックチェーン技術は
仮想通貨以外のところでも、
活用されていますし、
活用しようと模索されています。

そのブロックチェーン技術というのは、
IOT技術というものと
深い関係性
を持っています。


ここでは、ブロックチェーン技術と
IOT技術の関係性について
ご紹介していきたいと思います。


ブロックチェーンがIOTに命を吹き込む

 

ブロックチェーン技術というのは、
簡単に言ってしまうと
分散型のコンピュータ
ネットワークシステム
です。


ひとつの場所にデータを
まとめるのではなく、


いくつものデータベースに
データを保存する

ことによってデータを守る
ことができます。


いろいろなパソコンから
パワーを分け合っているような
ものなのですが、


ブロックチェーン技術の
場合には、仮にデータが
破壊されてしまっても


他のサーバーに
保存されている複製から
修復することができます。


つまり、パワーを分けてくれている
世界中のパソコンを
壊していかない限り、


そのシステムは
ダウンしないのです。


しかも、利用者は
保存されている履歴を
いつでも見ることができますので、
ハッキングもできません。


一方で、IOT技術というのは


モノのインターネット


として知られています。


IOTというのは「Internet of things」の
頭文字を取ったもので、


ありとあらゆるモノを
インターネットに

接続する技術のことを指します。


パソコンや携帯電話が
インターネットにつながっているのは
当たり前のことですが、


最近では「スマート家電」など
一般的な家電もインターネットに
つながるようになりました。


これがまさに
モノのインターネットなのです。


IOT技術は今では
かなり身近な技術になっています。


ブロックチェーン技術よりも
IOT技術のほうが馴染みがある
という方も多いでしょう。


ただ、IOT技術というのも
完璧なものではありません。


そこにブロックチェーン技術が
プラスされることによって、

IOT技術に命が吹き込まれる
と言ってもいいでしょう。


もともとブロックチェーン技術というのは
さまざまな分野において、


その可能性を広げてくれる
ものなのですが、
IOT技術においても
その可能性を広げてくれる
のです。


本来持っている力を
引き出してくれる
と言ってもいいでしょう。

 

 

IOTとブロックチェーンの親和性

先ではブロックチェーン技術が
IOT技術に命を吹き込んでくれる
という話をしましたが、


それぞれの性質を考えれば
ブロックチェーン技術と
IOT技術の間には
親和性
があるのです。


簡単に言ってしまえば、
相性がいいのです。


もともとIOT技術というのは、
たくさんの人が使うものです。


インターネットのアクセス
といったものを考えれば、
当たり前のことです。


ひとりひとりが好きな
タイミングで好きなように
インターネットへのアクセスを
するものです。


デバイスを使って何かを
チェックしたりすることもあれば、
何かの動作をさせたり
することもあるでしょう。


その際にデータベース側での処理
というものが発生してくるのですが、


ひとつのデータベースで
管理するのはやはり
厳しい部分
があります。


というのも、速度の面では
問題はないのですが、
たくさんのアクセスに
耐えられない
のです。


ここで登場するのが
ブロックチェーン技術です。


ブロックチェーン技術では、
データベースを分散し、


同時にたくさんのアクセスが
あっても、それをひとつの

ブロックにまとめて記録していきます。


これによって、それぞれの
データベースの処理の
負担を軽減させることが
できる
のです。


また、通常の中央型の
データベースでは
改ざんなどの処理に
対応しきれない部分
もあります。


しかしながら、
ブロックチェーン技術においては、


改ざんができない
というのが大きな強み

なってきます。


このようにブロックチェーン技術と
IOT技術というのは、
ピッタリとはまる親和性

持っているのです。

 

 

ブロックチェーンIOTのメリット

ブロックチェーン技術と
IOT技術が組み合わさると、
さまざまなメリットが出てきます。


ブロックチェーン技術と
IOT技術のそれぞれの
メリットがあるのですが、


ブロックチェーン技術と
IOT技術が組み合わさると


ブロックチェーン技術の

メリットがIOT技術のデメリットを
カバー
してくれるのです。


先の親和性の話にも
つながってくる部分になります。


まず、IOT技術のメリットについて
お話ししていきましょう。


IOT技術では、
温度や湿度、音など
接続したモノの状態を
モニタリングすることができます
し、

離れた場所から動きや
様子を確認することもできます。


最近では遠隔操作も
身近なものになっていますが、


離れた場所から状態を
操作するといった遠隔操作も

IOT技術で可能になります。


IOT技術でこれらのことが
可能になると、
単純に生活が便利で
豊かなものになります。


日常生活での不安を解消
することもできますし、
よくあるうっかりを防止
することにもつながってきます。


 

企業であれば、IOT技術を
活かすことによって
消費者のニーズを
知ることができますし、


サービスの改善や
製品開発
といったもの
にもつながってきます。


これらがIOT技術による
メリットと言えるでしょう。


ただ、このIOT技術も
万能ではありません。


メリットがあれば、当然、
デメリットもあります。


IOT技術にどのような
デメリットがあるかというと、
セキュリティ面での対策が
必須
であるということです。


要は、IOT技術だけでは
セキュリティ面に
不安があるということです。


今の時代、セキュリティ面に
不安があるというのは
致命的とも言えるかもしれません。


ハッキングによって
情報漏えいが

起こる可能性もありますし、


不正操作によって
悪用される可能性
もあるのです。


それではせっかくの
IOT技術も安心して
利用することができません。


そこで登場するのが
ブロックチェーン技術です。


先でもお話ししましたが、
ブロックチェーン技術というのは


安全性の高さが
ひとつのメリット
になってきます。


ブロックチェーン技術を
取り入れれば、


なりすまし行為が
難しくなりますし、

データの改ざん
できなくなります。


ブロックチェーン技術では
過去のデータと
連鎖するような形で
保存されることになりますので、

ごく一部の改ざんでも
すぐにバレてしまう
のです。


過去のデータも
参照することができますし、
リアルタイムで
監視することもできます。


まさにIOT技術における
デメリットを綺麗に

ブロックチェーン技術が
カバーしてくれる
のです。


さらに、ブロックチェーン技術に
おいては低コストという部分も
メリットになってきます。


ブロックチェーン技術と
IOT技術が
組み合わさることによって、

安全で低コストな状態で
利便性が増す
という
理想的な状態になるのです。


これが最大のメリットといえるでしょう。