ブロックチェーンは仮想通貨とともに登場した技術ですが、最近は仮想通貨以外にも様々な利用方法が考えられています。
ブロックチェーンには、具体的にどのような利用方法があるのでしょうか?

ブロックチェーンの特徴は?


それではまず、ブロックチェーンの具体的な利用方法を考えるためにブロックチェーンの特徴から考えてみましょう。
ブロックチェーンの特徴を把握することで、具体的な利用方法もわかりやすくなるでしょう。
ブロックチェーンの特徴として、まず思い浮かぶのが非中央集権的という点です。

ネットワークにおいて、多くの場合管理する会社がいます。
例えば、Amazonでは多くの業者が商品を販売していますが、その管理をしているのはAmazonです。
楽天市場も同様に、ショップの管理を楽天が行っています。
しかし、ブロックチェーンで同様のことを行う場合、管理者がいなくても成り立つということになるのです。

しかし、そうなると不正行為などは誰が取り締まっているのかといえば、ブロックチェーンに参加しているユーザーが相互に監視しているということになります。
そうなると、例えばAmazonや楽天の場合、管理をしている会社に対してハッキングを行うと、そのネットワークに参加しているすべてのユーザーが被害を受けることとなります。

しかし、ブロックチェーンの場合は、その管理者がいないため、ハッキングの被害を受けるとしてもあくまで個々のユーザーということになり、ハッキングをする意味が少なくなるのです。

その結果、ネットワーク全体のセキュリティは強くなることになります。

ブロックチェーンのもう一つの特徴として、データの改ざんが実質不可能という点があります。
ブロックチェーンはブロック状になっているデータがつながっているものですが、そのブロックに含まれるデータは、次のブロックにも保管されています。

そしてまた次のブロックには、前のブロックからつながるデータをまとめたものが保管されていくため、どこか途中のブロックのデータを改ざんした場合、それ以降のブロックすべてと整合性が取れなくなってしまいます。

そのため、ブロックチェーンのデータを改ざんしようと思えば、最新のブロックまで据えて改ざんしていかなければいけないのです。

しかし、ブロックは常に新しいものが生成されるので、改ざんしても追いつくのは難しいでしょう。
そのため、ブロックチェーンは実質的に改ざんが不可能となっているのです。
この2つの特徴が、ブロックチェーンの特徴として特に大きなものといえるでしょう。

ブロックチェーンの具体的な利用方法としては?


ブロックチェーンの特徴を踏まえたうえで具体的な利用方法を考えた時、まず思いつくのが契約に利用することでしょう。
ブロックチェーンは改ざんが不可能となっている以上、契約を一度交わした後はその内容を変更することができません。
そのため、契約の公平性は損なわれないことになります。

契約が大切な分野としては、金融や不動産の取引などが思い浮かびます。
また、雇用契約などもブロックチェーンを介して行われる可能性があるでしょう。

非中央集権的というブロックチェーンの特徴を活かして、自由な市場を形成するということも考えられます。
管理者に参加するための費用を支払わなくてもよくなるため、同じ商品でも安く販売することが可能となるのではないでしょうか?

また、証明書などを管理する際にもブロックチェーンを活用することで、安全に発行できるようになるでしょう。

まとめ


ブロックチェーンには、非中央集権的ということと、改ざんが実質不可能であるということの2つの特徴があります。
こうした特徴を踏まえて具体的な利用方法を考えた場合、契約が重要となる金融や不動産などの分野において利用される可能性が高いでしょう。
また、公的な証明書の発行も安全に利用できると思います。

また、非中央集権的であるため、管理者がいない自由な市場を形成することが可能となり、参加するための費用も安くなるので商品価格の値下げにもつながるでしょう。
ブロックチェーンについては、多くの分野で具体的な利用方法が考えられています。

いずれ、ブロックチェーンを利用した様々なサービスが増えていくこととなるでしょう。