ブロックチェーンは、様々な分野で活用されることが期待されている技術です。
しかし、ブロックチェーンは決して万能な技術ではなく、向き不向きがあります。
ブロックチェーンには、どのような向き不向きがあるでしょうか?

ブロックチェーンの特徴は?

ブロックチェーンというのは、データをブロック状にまとめ、それをチェーン上につなげていったものです。
ブロックチェーンの特徴として、システムが壊れることがないという点があります。
ブロックチェーンの機能やデータは、サーバーのようなものがなくネットワーク上に分散しています。
その際、それぞれ1つずつが存在しているのではなく、常に同じデータが複数保管されている状態となっています。

もしも一部のデータに不具合が生じた場合や、壊れてしまった場合でも、すぐに修正が可能になっているので、システムが壊れるようなことにはなりません。

また、こうした仕組みとなっているので、ブロックチェーンは基本的に中央管理者が存在しません。
このような仕組みのブロックチェーンは、様々な分野での活用方法が考えられています。
しかし、ブロックチェーンはすべての面でメリットがあるわけではないため、向き不向きがあります。

ブロックチェーンの向き不向き

ブロックチェーンの向き不向きは、ブロックチェーンの持つメリット・デメリットに大きく関わってきます。
ブロックチェーンのメリットとして、データの改ざんが実質不可能であるという点や、履歴が自動的に残されるため、トレーサビリティを実現しやすいという点があります。
データの改ざんについては、たとえシステム管理者がいたとしてもデータを勝手に変更することができないようになっています。
たとえ一部のブロックに含まれるデータを改ざんしたとしても、その後のブロックに含まれる内容と齟齬が出るようになっているため、改ざんしたことはすぐにわかってしまうのです。
そのため、データを改ざんしたとしても意味がなく、実質改ざん不可能ということになります。
しかし、この点については、正当な理由があったとしてもデータを編集したり、削除したりすることができないというデメリットにもなります。
もしも間違ったデータが登録されたとしても、その内容を後からただすことができないのです。
また、ブロックチェーンに保管されているデータは透明性が高いため、誰でもデータが正しいことを簡単に確認できるようになっています。
その仕組みによってブロックチェーンが公正であるといわれるようになっているのですが、その反面安全性は低くなります。

暗号化されているとはいえ、誰でも触れられる状態に置かれているデータと、誰も触れられない状態で保管されているデータを比べた場合、どうしても誰も触れられない状態のデータのほうが安全性は高くなります。
暗号化を解除する技術が開発された場合は、ブロックチェーンに保管されているデータはその中身がすべて丸見えとなってしまうのです。
このように、ブロックチェーンのメリットというのは見方を変えるとデメリットに転じてしまうものが多いのです。
こうした理由から、ブロックチェーンには向き不向きがあるといわれています。

例えば、データを正確に保管しておきたい場合はブロックチェーンに向いていますが、データにランダムアクセスを行うデータベースのような使い方は、ブロックチェーンに不向きです。
また、ブロックチェーンにはデータをやり取りするためのトークンが必須となるので、その使い方についても向き不向きが生じるでしょう。

まとめ

ブロックチェーンが優れた技術であるという点について、反対する人はほとんどいないでしょう。
しかしブロックチェーンは決して万能ではないため、利用するにしても向き不向きがあります。
ブロックチェーンが持っているメリットの多くは、見方を変えるとデメリットとなることも多いため、どうしても向き不向きが生じてしまいます。

ブロックチェーンの向き不向きを理解して、ブロックチェーンの向き不向きにあった使い方をするように気を付けましょう。