ブロックチェーンの活用については世界中でいろいろと考えられていますが、その中でも特にロシアでは熱心に取り組んでいます。
ブロックチェーンに対して、ロシアではどのような取り組みをしているのでしょうか?

ブロックチェーンに対するロシアの取り組みは?


ブロックチェーンに対して積極的な取り組みを見せている国の中でも、ロシアは特に様々な分野での活用を考えています。
東京で開催されたISOというカンファレンスにおいて、ロシア連邦保安庁の関係者が「今後、ブロックチェーン開発においては自分たちが主導となっていくだろう」と発言したということも話題になっています。

また、ロシアの銀行では、世界各国が利用している多国間決済システムのSWIFTを利用しているのですが、現在はそれに代わって独自の送金ネットワークとなるSPFSを運用しようという考えがあります。

このSPFSに、ブロックチェーン技術を採用しようと考えられているのです。
SPFSにブロックチェーン技術を採用することで、セキュリティが高まりハッキングリスクも低下して、SWIFT以上の信頼性を得られるのではないか、とも言われています。

実際に、ブロックチェーン技術を採用することで、セキュリティ耐性が高くなるということは間違いないでしょう。
また、ロシアの最大手銀行であるスベルバンクの子会社がブロックチェーンを利用して企業債権の取引を行ったことも、大きなニュースとなりました。

今後も、ブロックチェーンはロシアの金融において、いろいろと活用されていくこととなるでしょう。
ブロックチェーンは、ロシアにおいて金融以外の分野でも様々な利用がされています。
ロシア国立知的財産取引対応センターでは、キルギスの特許局に対して、デジタル化した特許記録を保管するデータベースにブロックチェーンを利用して作成する計画を発表しています。

すでにキルギスとの契約もされていて、これを基盤として理想的な特許局を作るパイロットプロジェクトを展開することとなる、という発表もされています。

さらに、ロシア国防省ではサイバーセキュリティ対策として、ブロックチェーン技術の利用について分析する研究所を建設しています。
さらに、ロシア国立大学ではブロックチェーン技術を利用して卒業証書を保管するという試みも行われています。
ブロックチェーンを利用することで、雇用者によって学歴の確認ができるようにすることが目的で、ロシア以外でもマサチューセッツ工科大学が先んじて行っています。

このように、ブロックチェーン技術はロシアにおいて様々な分野への活用を期待されています。
ただ、ブロックチェーンを利用する仮想通貨に対しての姿勢には、肯定的とはいえない一面もあります。

仮想通貨に対するロシアの姿勢


ロシアでは、仮想通貨に対してはあまり肯定的とは言えない姿勢を示していました。
仮想通貨は全体的に中央銀行に支配されていないため、規制がないという点で懐疑的な意見も出ていたのです。
しかし、近年の仮想通貨市場の需要増により、その姿勢は軟化されつつあります。

ロシアでは政府主導での仮想通貨の開発も進められていることからも、今後はブロックチェーンだけではなく仮想通貨に対しても、ロシアは積極的な姿勢を示してくのではないかと思われます。

まとめ


ブロックチェーン技術に対して高い関心を示しているロシアでは、金融の分野を中心として様々な分野での活用を考えています。
ブロックチェーンの開発に関してはロシアが主導していくという旨の発言もあり、今後も積極的にブロックチェーン開発に取り組んでいくであろうことは間違いないでしょう。

その一方で、仮想通貨に対しては懐疑的な姿勢も見せていたのですが、その点についても最近では態度が軟化しており、政府主導での仮想通貨の開発にも乗り出しています。

今後のブロックチェーン技術の発展において、ロシアは重要な位置を占めていくこととなるでしょう。