最近ビットコインを中心に
注目を集めている仮想通貨。




でも意外とそのしくみについて
知らない人は多いのではないでしょうか。




この記事では、仮想通貨を支える
ブロックチェーン技術の仕組みから、
仮想通貨の意義と未来について
考えてみたいと思います。


仮想通貨ビットコイン

最近世間で注目を集めている
仮想通貨ビットコイン




目新しい電子的な通貨…
という雰囲気くらいはわかるものの、

何でそんなに騒がれることがあるのか、
その意義についてまでは知らない人も
多いのではないでしょうか?

このページでは、そんな方々に向けて、
仮想通貨の意義について、
できるだけわかりやすく
紹介をしてみたいと思います。

仮想通貨とブロックチェーン技術

現在、仮想通貨を支える中核的な技術に
「ブロックチェーン」があります。


ブロックチェーンとは、
わかりやすく言えば、
仮想通貨を介した取引を記録する
台帳のような存在です。



電子的で実体のない仮想通貨の信頼性を担保するのが、
このブロックチェーン技術なのです。

ブロックチェーン技術の基本思想

ブロックチェーン技術の基本的な思想は、
世界中の取引の自由化です。



通常の貨幣は、
各国の中央銀行が発行・管理しています。



つまり、通常の貨幣というのは、
その善し悪しは別として、
中央集権化しているのが実態です。



それは、言い換えるなら、
人と人との取引がひとつの機関によって
管理されているということなのです。



しかし、グローバル化が進むこの世界において、
それは我々個人にとって本当によいことなのでしょうか?



もし中央銀行を介さずに、
自由に世界中の人々と取引を行うことができたら…?



しかし、貨幣に価値(どこでも使用できる)を
与えるには信用が不可欠です。



仮想通貨において、
この信用の裏付けとなるのが
ブロックチェーンなのです。



ブロックチェーンの仕組み

では、ブロックチェーン技術の仕組みについて
見てゆきましょう。


ブロックチェーンを構成する主な要素は、
以下のようなものとなります。

・ブロック…
一定期間内の取引データの塊で、
台帳の1ページのようなものです。

・チェーン…
異なる期間のブロック同士を
つなぎ合わせる鎖のようなものとなります。



この関連性をもったブロックのつながりによって、
取引を管理する巨大な台帳が出来上がるのです。



しかし、これだけであれば
この取引データを管理する組織が
やはりこの通貨の主導権を握ることになりますよね?



そう、ブロックチェーンのもうひとつの重要な特徴に
「分散型ネットワーク」というものがあります。



ブロックチェーンの取引データは、
この通貨を利用する人々の使用する
コンピュータに分散して管理されます。



そして、それぞれのデータを照合することで
取引データの整合性を維持してゆくのです。



これによって、ブロックチェーンは、
中央集権化することなく、
世界共通の通貨の信用を作り上げる基礎を
作り出そうとしているのです。



ブロックチェーンのメリット・デメリット

ではここで一度ブロックチェーンの
メリットとデメリットについて
まとめてみたいと思います。



・ブロックチェーンのメリット

-通貨の中央集権化を避けられる
-取引データが消えることがない
-世界中の人々と自由に取引が可能になる



・ブロックチェーンのデメリット

-データでないものは取り扱えない
-取引データの正誤の判断ができない



ブロックチェーン技術は
おそらくこれからの貨幣(お金)のあり方を
変革する技術の基礎になるものと思われますが、
まだ発展途上の技術でもあります。



ブロックチェーンと仮想通貨の未来

ブロックチェーン技術を基盤とした仮想通貨は、
残念ながら現状では中央銀行が発行・管理する貨幣に比べると
信用は落ちるというのが実情かと思われます。



この仮想通貨が世界共通の貨幣となりうるためには、
セキュリティ面、使用面においてまだまだ課題があり、
今後の技術革新(loT等)を待つところがあるでしょう。



そのため、現状では仮想通貨の信用は、
通常の貨幣に交換できることが前提としてあり、
投機目的で参加をしている人が多いのが
実情ではないでしょうか。



しかし、ここで忘れないでほしいのが、
仮想通貨が目指す理想です。



もともとお金というのは、
物の交換を代替するものでしたが、
物質的に豊かになった現代では、
富の分配を代替するものに変わりつつあります。



必要ないものを思いつきで
買ってすぐに捨てる人もいれば、
一方で、衣食住を満足にできない人もいる…、


これは現状のお金のしくみの限界を
示すものではないでしょうか。



もし中央集権化されない世界共通の貨幣があって、
自由に取引ができる社会ができれば、
世界中でより効率的な富の分配が行われるように
なるかもしれません。



まとめ

仮想通貨の基盤となるブロックチェーン技術について、
なんとなくご理解は頂けたでしょうか?



現状、世間的に賭博性の強い印象のある仮想通貨ですが、
その思想は意外と深いものなんですね。



一部では、
仮想通貨も中央銀行が管理すればいいじゃないか、
なんていう論調もあるかと思いますが、
実はそれは仮想通貨の本来の目的とは真逆の思想なのです。



仮想通貨が目指す未来を知り、
多くの方々にその発展に寄与して頂くことを願って、
この記事のまとめとさせて頂きたいと思います。




最後までお読みいただきありがとうございます。