ブロックチェーン技術は、多くの分野で開発が進められていてその有用性が認められています。
しかし、その中でも特にブロックチェーンの有用性が認められている分野があります。
ブロックチェーンの利点と、有用性が認められている分野についてみてみましょう。

ブロックチェーンの有用性につながるメリットとは?

ブロックチェーンが持つメリットの中で、特に有用性が認められるものとしては、まず実質改ざんが不可能という点が思い浮かぶでしょう。
ブロックチェーンの中に保管されているデータを改ざんするためには、改ざんしたいデータが含まれているブロックから最新のブロックまでをすべて改ざんしなければいけません。

そのためには、新しいブロックが生成されるよりも早く過去のブロックを生成し直さなければいけないので、ブロックを生成しているユーザー全体よりも早くブロックを生成できるようにするため、ネットワーク全体のマシンパワーのうち半分以上を占めている必要があります。

そのため、改ざんは実質不可能であり、改ざんを可能とするためには非常に多くの協力者が必要となるでしょう。
このことから、ブロックチェーンに保管されたデータは信頼がおけるものとなります。

また、ブロックチェーンの中にはスマートコントラクトという、自動的に契約を結ぶことができる機能を持ったものも存在します。

これまでは、自動的に契約を結ぶことに対して信頼性がおけず、どうしても人の手を介する必要があったのですが、ブロックチェーンを利用することでその信頼性を保証できるようになるため、人の手を介さないままに信頼できる契約を結ぶことができるようになったのです。

この点も、ブロックチェーンの有用性を示しています。

さらに、ブロックチェーンに保管されているデータは暗号化されているため、復号できる権利を持っている人は限られています。
その点から、ブロックチェーンのデータが盗まれる可能性はかなり低くなります。
ブロックチェーンには、このような有用性につながるメリットが存在しています。

ブロックチェーンの有用性が特に認められる分野とは?

それでは、ブロックチェーンはどのような分野で特に有用性が認められているでしょうか?
ブロックチェーンの有用性を認めている分野として、まず上がるのは金融分野でしょう。
金融の分野では、顧客の資産を預かるという業務から特にデータの正確性を重要視しています。
ブロックチェーンは改ざんができないため、データが正確に残ることは間違いありません。

また、顧客情報を守るという点でもブロックチェーンの暗号化技術は有用性が高くなります。
ブロックチェーンを介した場合は必ず履歴が残るため、追跡することも簡単になります。
このような理由から、金融分野ではブロックチェーンの有用性が特に認められています。

また、データを正確に保管するという点から、市役所などの公共機関からもブロックチェーンの有用性に注目が集まっています。
公共機関では、その管轄する地域の住民のデータが集められていて、必要に応じて住民票などの発行も行われます。
このデータをブロックチェーン上に保管することで、過去の履歴まで含めたデータが半永久的に残されるようになります。

また、住民票や印鑑証明書などの発行という業務に関しても、スマートコントラクトを利用して自動化することができれば、必要な人員を別の仕事に配置することができます。
そのような理由から、ブロックチェーンの有用性に注目が集まっています。

ブロックチェーンは、AIの分野やIoTの分野などのビッグデータを扱う分野からも有用性が認められています。
今後、ブロックチェーンの有用性が認められていくことで、利用される機会はどんどんと増えていくでしょう。