ブロックチェーンを利用した仮想通貨の話題には、銀行がたびたび出てきます。
ブロックチェーンはこれまでの銀行の在り方を否定するとも言われますが、ブロックチェーンが銀行にもたらす影響はどのようなものでしょうか?

ブロックチェーンと銀行の関わり

銀行の業務内容として、主なものは預金と貸付、送金や振込の受付業務です。
銀行は預金されたお金を貸し付けることで金利を得て、その金利から銀行の利益を差し引いて預金者に利子として分配します。

また、他の人にお金のやり取りをする場合、銀行の口座を通じてその送金を行い、また口座へと振り込むという形で行われます。
これらのやり取りは、銀行のサーバーに記録されるため、銀行では膨大なデータを管理しています。

一方、ブロックチェーンを利用した場合、まずブロックチェーン上で利用できる仮想通貨がありますが、これは現金との取引によって得ることができます。

そして、また現金に交換することもできるので、ブロックチェーン上では現金と同じ扱いができます。
仮想通貨というのは、ブロックチェーンを利用したプロジェクトに対してお金を預け、その代わりに仮想通貨を持つという事になります。

実際にプロジェクトが得るお金はICOなどの初期に限られ、それ以降は預けたお金の権利を取引するという事になるのですが、プロジェクトが成功した場合は仮想通貨の価値が上がることとなります。
また、仮想通貨の中には法定通貨とその価値が連動するペッグ通貨と呼ばれるものがあり、その仮想通貨を利用すれば価値の変動はごくわずかとなります。

ブロックチェーンを利用して、他社へと仮想通貨の送受信をすることもできます。
これはブロックチェーンを通して本人同士で行われるので、銀行よりも簡単にできます。
送受信についてはブロックチェーンに記録されるので、改ざんされる心配もありません。

また、ブロックチェーンの機能としてスマートコントラクトというものがあり、定められた条件に従って自動で取引を行うことができます。
この機能を利用すると、自動的に貸付なども可能となります。

ブロックチェーンが持つこうした機能を組み合わせると、現状の銀行業務についてはブロックチェーンで行うことができます。
ブロックチェーンの場合は管理者を必要としないため、自動的な銀行業務も可能となるのです。
そのため、ブロックチェーンは銀行を否定する、といわれる所以なのです。

ブロックチェーンを活用して銀行の在り方が変わっていく

ブロックチェーンに対して、銀行では積極的に取り入れる姿勢も見せています。
その最たる例としてリップルがあり、多くの銀行では送金システムとしてリップルを導入することを検討しています。
中にはすでに導入することを決めている銀行もあり、送金実験なども行われています。

また、メガバンクでは独自の仮想通貨を開発しようという動きも見られます。
ブロックチェーンを利用した銀行の仮想通貨は、手数料などに使われる予定となっています。
そうすれば取引記録がブロックチェーンに記録されるため、銀行ではその取引記録を管理することが簡単になります。

サーバーに管理する場合はサーバーの管理などにコストがかかりますが、ブロックチェーンの場合は管理コストなどの削減にもなります。
将来、仮想通貨が正式に通貨として認められた場合、ブロックチェーンを利用して銀行が仮想通貨の交換所となる可能性もあります。
もしかしたら、法定通貨へと交換できる窓口が銀行だけ、となる可能性もあるでしょう。

ただし、仮想通貨だけあれば十分とされて既存の銀行が大きく数を減らし、ほとんどの銀行は閉鎖されるという可能性もなくはないでしょう。
ブロックチェーンを活用できるかどうかで、今後の銀行の在り方も変わっていくかもしれません。