最近耳にする事が増えているブロックチェーンですが、その仕組みと理論についてはご存知でしょうか?
暗号通貨とは切り離す事ができない、その仕組みと理論について紹介します。

ブロックチェーンの基本的な仕組みと理論は?

ブロックチェーンというのは、ビットコインの開発者であるサトシ・ナカモト氏が開発した技術です。
その仕組みと理論は、取引の記録をブロックにまとめ、その内容をハッシュ化する事でデータ量を減らし、次のブロックには前のブロックのハッシュ化したデータと新しい取引記録をまとめる、という事を繰り返し、ブロック状のデータをチェーン上につなげていくというものです。

そして、データはサーバーなどに保管されるのではなく、ネットワークに接続された複数のコンピューターに分散されて保管される為、分散型台帳とも呼ばれています。
また、新しいブロックを作成するときは、マイニングという作業を行います。
このマイニングというのは非常に難しい計算をする為、ネットワークにつながっている世界中のコンピューターが総当たりで行い、正解を導き出しています。
マイニングで正解を導き出すと、新しいブロックを生成する権利が得られ、報酬を受け取る事ができるようになっています。

ビットコインではマイニングを専門とする企業が生まれ、その為のマシンが造られるなど一大産業になっています。
このマイニングは、ブロックに保管された取引内容が正しいものかどうかを検証する為に必要な作業であり、ブロックチェーンの取引内容が保証されるという仕組みと理論が成り立っているのです。

このマイニングはProof of Workというアルゴリズムによって行われていますが、最近ではそれ以外のアルゴリズムを利用している場合もあります。
アルゴリズムによってはマイニングのやり方が異なり、マイニングがそもそもない場合もあります。

しかし、マイニングがなくても他の方法で取引記録が正当なものである事は証明されるので、ブロックチェーンの仕組みと理論に大きな違いはありません。

ブロックチェーンの仕組みと理論の特徴

ブロックチェーンは、改ざんがほぼ不可能という仕組みと理論によって、大いに注目を集めました。
なぜ改ざんが不可能かといえば、ブロック生成時に前のブロックのデータを含んでいる為、ブロックに含まれているデータを改ざんしようと思った場合は、その先のブロックをすべて改ざんしなければデータが不正なものとして扱われてしまうからです。

例えば、10個前のブロックに含まれる取引記録を改ざんしようと思った場合、そのブロックを起点として最新のブロックまで改ざんする必要があります。
そうなると、すべてのブロックに対してマイニングを行うのと同じだけの作業量となるのですが、マイニングは世界中のコンピューターが時間をかけて行っているものです。
それを改ざんする為には、他のマイニングを行うコンピューターよりも早くマイニングをするしかありません。
その為には、世界中のマイニングを行うコンピューターのマシンパワーのうち、半分以上を利用しなければいけないでしょう。

また、途中のブロックだけ改ざんしたとしても、次のブロックに正しいデータが含まれている為、修正は比較的簡単にできます。
ブロックチェーンは、こうした仕組みと理論によってデータが守られる為、暗号通貨以外の分野でも活用される事が考えられているのです。

まとめ

ブロックチェーンには、これまでにない仕組みと理論が使われています。
その仕組みと理論は、ネットワーク全体がブロックチェーンを守り、作っていくという点が根底となっています。
これまでのように、ネットワークを用意してそこに接続するだけというものとは異なり、ネットワークの参加者全員が参加者となるのです。

こうした仕組みと理論は、これまでのネットワークにあった難問の解決にもつながるとして、大いに注目されています。
様々な種類が出てきており、今後も発展して新たな仕組みと理論を備えたものが生まれてくる事が十分に予測できます。