近年、ビットコインを始めとした暗号通貨市場は拡大していますが、投資家は暗号通貨よりも、むしろブロックチェーンに対して投資するようになっているようです。
ブロックチェーンに対する投資とはどういうことでしょうか?

暗号通貨市場の動きは?

暗号通貨市場は、以前と変わらずビットコインが時価総額のトップとなっています。

しかし、最近では一時期の勢いはなくなり、価格が下落傾向にあります。
暗号通貨市場は2017年の年末から2018年初頭にかけて、かなりの高騰をみせました。

ただその後は下落していく傾向に転じており、主要な通貨はある程度の価格に留まっているものの、マイナーな通貨には最低額を更新しているものも少なくありません。
暗号通貨はまだ新しい市場のため、これからも高騰と下落を繰り返して少しずつ全体の価格が底上げされていく可能性は高いでしょう。

そのためには長期的な投資が必要となるため、現在投資家は暗号通貨ではなく、その根幹となるブロックチェーン技術へと注目を高めています。

ブロックチェーンへの投資とは?

投資家はブロックチェーン技術そのものに注目して、ブロックチェーンに投資する傾向が増しているようです。
ブロックチェーンへの投資といわれても、暗号通貨への投資とどう違うのかピンとこない人もいるでしょう。

ブロックチェーンへの投資というのは、ブロックチェーン技術を導入しようとしている企業への投資、またはそれを目的としているファンドへの投資のことをいいます。
ブロックチェーン技術を導入して現在のサービスをグレードアップさせる、もしくは新しいサービスを開始しようと考えている企業は少なくありません。

代表的なのが、Rippleによる国際送金ネットワークを導入しようと考えている銀行でしょう。
上場している企業の場合、その会社の株を買うことが企業への投資となります。
今後ブロックチェーン技術が実用化された時には、株価も高騰する可能性が高くなります。

例えばRippleの国際送金についても、国内で1つの銀行だけがいち早く導入したとすればその銀行の利用者も増え、株価も高騰するでしょう。
投資家はそういった点で、いち早くブロックチェーン導入を考えている企業へと投資しています。

また、上場していない企業や、これから開業する企業等に対しては、ブロックチェーン投資ファンドを利用します。
これからブロックチェーンを利用した事業を開始する企業は、ファンドに対して規格などを説明することとなり、了承を得られれば資金が調達できます。
事業が成功した場合は、投資した資金が増えて返却されるので、その利益を分配するという形になります。

現在はブロックチェーンを利用した事業が色々と考えられているので、投資を求める企業も多く、またブロックチェーン技術の普及という点で社会的意義も見込まれます。
投資ファンドの資金調達を目的とした暗号通貨も存在するので、その場合は暗号通貨を購入することで簡単に投資が可能となります。

また、その場合は利益が分配という形か、もしくは暗号通貨の価格が上昇するという形で還元されるでしょう。
暗号通貨への投資とは多少形が異なりますが、根幹となるのは同じブロックチェーンです。
ブロックチェーンへの投資が成功する場合は、暗号通貨市場にも少なからずいい影響をもたらすでしょう。

まとめ

暗号通貨市場は今後もその規模を拡大していくと思われますが、現在はブロックチェーン技術そのものに投資することを考える投資家も増えています。
ブロックチェーン技術への投資は、暗号通貨とは異なりブロックチェーン技術を導入する企業、もしくは事業を開始する新興企業への投資となるため、投資の方法は直接的ではなく間接的なものとなります。

しかしブロックチェーン技術の普及は、暗号通貨市場にもいい影響を及ぼすと考えられるため、暗号通貨へと投資している人もブロックチェーン技術の普及に注目してみましょう。