ブロックチェーン技術は多くの分野で注目されていますが、その技術の内容を聞いてもよくわからないという人も多いでしょう。
ブロックチェーンを理解するためには、まず前提知識から理解していきましょう。

ブロックチェーンを理解するための前提知識を紹介します。

ブロックチェーンを理解するための前提知識とは?


ブロックチェーンを理解しようと思ったときは、まずブロックチェーンにとって重要な技術を前提知識として理解しましょう。
ブロックチェーンの前提知識としては、まずハッシュ化という技術があります。
ハッシュ化というのは、データをハッシュ関数という技術によって文字列に暗号化したものをいいます。
その特徴として、ハッシュ化したデータはもとに戻すことができないという点と、たとえ元のデータを1文字だけ変えたとしてもハッシュ化した文字列は全く別のものとなるという点があります。

ブロックチェーンでは、このハッシュ化したデータと元のデータを比較して、改ざんされていないかのチェックを行います。

ハッシュ関数は、ブロックチェーンごとに使われるものが決まっています。
ブロックチェーンを理解しようとしたときに気になるのが、公開鍵と秘密鍵というものでしょう。
これも、前提知識として覚えておいたほうがいいものです。
ブロックチェーンを利用した仮想通貨は、送金する際に送金先となるアドレスが存在します。
このアドレスが、公開鍵です。
送金先アドレスは、この公開鍵をハッシュ化したものをいいます。
そして、この公開鍵には対となる秘密鍵があります。
秘密鍵を紛失すると、公開鍵についてアクセスできなくなるため、その公開鍵に対して送金された仮想通貨を利用することもできなくなります。
秘密鍵がなければ、公開鍵がわかってもその中の資産を利用できないため、安全性を確保しながらも取引の透明性を保つことができます。

ブロックチェーンは分散型台帳とも呼ばれているのですが、この分散型台帳というのも前提知識として覚えておきましょう。
ブロックチェーンは、取引内容を記録するための台帳として開発されています。
通常の台帳というのは、それぞれのサーバーやストレージに保管されているものですが、ブロックチェーンの場合はネットワーク全体でその台帳を分散して保管しています。
この形から、分散型台帳と呼ばれています。
たとえハッキングを受けたとしても、保管している台帳はごく一部でしかないのでハッキングにも強く、またデータは暗号化されているため内容も把握できません。
それにより、ブロックチェーンは安全性が保たれています。

最後に、ブロックチェーンを理解するためには前提知識としてP2Pというものを理解しましょう。
通常、サーバーを介してデータをやり取りするようなネットワークのことをクライアント・サーバー型といいます。
しかし、ブロックチェーンの場合はネットワークに参加しているコンピューターがそれぞれにデータを保管し、やり取りしています。

このように、ユーザー同士が直接データをやり取りする形のネットワークをP2Pといいます。

ブロックチェーンを理解しようと思うなら、まずはこの4つの前提知識を理解しておいたほうがブロックチェーンについてもスムーズに理解できるでしょう。

まとめ


ブロックチェーンを理解するためには、まず前提知識となる4つの知識を理解しましょう。
ブロックチェーンの前提知識となるのは、ハッシュ化と秘密鍵、分散型台帳、P2Pの4つの技術です。
これらの技術は、ブロックチェーンを理解するうえで非常に重要なものです。

ブロックチェーンを理解したい場合は、まずこの4つの前提知識を理解しておけば、ブロックチェーンについてもスムーズに理解できるようになるでしょう。