仮想通貨の登場によって、ブロックチェーンという技術の存在が広く認知されるようになったことは言うまでもありません。

近年はブロックチェーン技術を応用した“クロスチェーン”が大きく注目を集めています。
クロスチェーンの仕組みを解説し、クロスチェーンに関係するプロジェクトも併せて紹介します。

ブロックチェーンを繋げる“クロスチェーン”の仕組み

クロスチェーンとは、簡単に言うと“異なったブロックチェーンをまたぐ”という技術のことです。
通常は仮想通貨ごとに異なるブロックチェーンが存在するため、それらを交換する際には取引所などを利用する必要があります。

クロスチェーンは異なるブロックチェーンでもダイレクトな取引が可能になるため、取引所を利用しなくても異通貨の取引が可能になります。
クロスチェーンで行われる異通貨のダイレクトな取引は“アトミックスワップ”と呼ばれ、仮想通貨ではビットコインとライトコインの取引で実践されたのが最初です。

仮想通貨は非中央集権的であり、分散型台帳が採用されています。
ただこのように異通貨を交換する際は、これまでどうしても取引所を介する必要があったため、100%非中央集権的、分散型とは言えない状況だったのです。

完全な非中央集権的と分散型台帳を実現するため、さらにはコストを削減するためのシステムとして、クロスチェーンは注目を集めることになりました。

ブロックチェーンを繋げるクロスチェーンのプロジェクト①Cosmos

Cosmosは、“Cosmos Hub”、“Cosmos Zone”という2つのブロックチェーンから成るクロスチェーンプロトコルです。

複数存在するCosmos Zone同士が直接繋がっているわけではありませんが、複数のCosmos ZoneとCosmos Hubには互換性があり、そこをまたぐことでトークンが送受信できます。

つまり仮想通貨同士は繋がっていないものの、それぞれの仮想通貨がCosmos ZoneとしてCosmos Hubに繋がっていれば、取引所を利用しなくても交換できるのです。

ブロックチェーンを繋げるクロスチェーンのプロジェクト②Polkadot

Polkadotは、“Paracahin”という複数のチェーンで構成されているプラットフォームです。
“Bridge”という特殊なParachainを利用することで、別のブロックチェーンを接続して取引することを可能にします。

また1つのトランザクションがチェーン全体へと広がる仕組みのため、処理能力が高くスケーラビリティにも優れています。

ブロックチェーンを繋げるクロスチェーンのプロジェクト③WanChain

WanChainは複数のブロックチェーンを接続することで、金融インフラプラットフォームとして普及することを目標としたプロジェクトです。

イーサリアムのスマートコントラクト、モネロやダッシュのリング署名、ワンタイムアドレスなどが採用されており、利便性とセキュリティ性は非常に高いです。

ブロックチェーンを繋げるクロスチェーンのプロジェクト④AION

AIONは、異なるブロックチェーン間でのデータ異動を可能にするプラットフォームで、主にスケーラビリティ問題を改善するために開発されました。
通常のブロックチェーンよりもデータ保存の容量が多く、複数のブロックチェーンが活用できるためアプリケーションのパフォーマンスも向上します。

効果としては、“サイドチェーン”に近いと言えるでしょう。

ユーザーがブロックチェーンの作成や管理をすることも可能です。

まとめ

異なるブロックチェーンを繋げてくれるクロスチェーンのプロジェクトが今後増加すれば、もっとユーザーにとって仮想通貨を取引しやすい環境が整います。
イーサリアムのERC20のように、同じブロックチェーン内で発行されたトークンであれば簡単に交換できますが、現状他の仮想通貨同士だとそうはいきません。

また何と言っても、取引所を介さなくてはいけない取引には、どうしても取引所のハッキング・倒産というリスクがつきまといます。

ブロックチェーンを繋げるクロスチェーンは注目を集めているだけでなく、どんどんスタンダードとして定着するための動きが加速しているのです。