ビットコインと共に登場したブロックチェーン技術は、今や様々な分野での活用が期待されています。
その中で悩みとなるのが、ブロックチェーン開発のスキルを持った開発者の不足です。
ブロックチェーンの開発に必要なスキルはどうやって学べばいいでしょうか?

ブロックチェーン開発に必要なスキルとは?

ブロックチェーンが普及してくるとともに浮き彫りとなってきたのが、ブロックチェーン開発のスキルを持った開発者が不足しているという問題です。
ブロックチェーン開発と一口にいっても、その内容としては2種類に分けられます。

一つは、既存のブロックチェーンを利用したアプリケーションなどを開発するということで、必要なスキルも比較的簡単です。

もう一つは、独自のブロックチェーンを1から作成する場合です。
この場合は、ブロックチェーンに対してきちんと理解していなければいけないので、必要とされるスキルもレベルが高くなり、難易度は大きく跳ね上がります。

そもそもブロックチェーンが世の中に知られたのは、2008年にビットコインの論文が発表された時です。
まだ10年ほどの歴史しかないので、当然ながらその内容を教えられる人というのも限られています。

ブロックチェーンを1から作成しようと思った場合は、基本的に自分で調べて知識を付けていく必要があります。
現在のブロックチェーンの中には、独自の開発言語を利用しているものもあります。

そこまでを望むのであれば、ブロックチェーンを開発するために必要となるスキルはさらに高くなるでしょう。

既存のブロックチェーンを利用する開発は比較的簡単

ブロックチェーンを利用したプロジェクトの中には、開発のためのプラットフォームを提供しているものもあります。
イーサリアムなどがその代表であり、イーサリアムのブロックチェーンを利用したプロジェクトはたくさんあります。

暗号通貨の中にはERC20トークンといわれるものがたくさんありますが、ERC20トークンはイーサリアムのプラットフォームから発行されたものです。
この場合は、イーサリアムのブロックチェーンを利用することができるため、一からブロックチェーンを開発する必要がないだけではなく、イーサリアムのスマートコントラクトなどもそのまま利用できます。

もちろん、ブロックチェーンを利用できるだけのスキルは必要となりますが、開発を補助するための手引きなどもそろっているため、難易度はそこまで高くありません。
また、イーサリアムのブロックチェーンを利用して開発をする場合や、イーサリアムの分散アプリケーションアプリを作成するために必要なスキルについては、学ぶための講座なども開催されています。

目的に合うブロックチェーンを探さなければいけませんが、開発に必要となるコストや時間が大幅に節約できるという利点もあります。

企業によっては、ブロックチェーン開発者の不足により、社内で必要なスキルを得るためのトレーニングを行う場合や、最初からブロックチェーンのスキルを学ぶことを前提として社員を採用する場合なども増えています。
それだけ現在はブロックチェーンのスキルを持っている開発者は需要があるので、これからはブロックチェーン技術を学ぶための学科なども設立されていく可能性があります。

まとめ

ブロックチェーンの開発を行うためには、専門的なスキルと知識が必要です。
現在はブロックチェーン開発のスキルを持ち合わせた開発者が不足しているので、これから仕事の幅を広げるために新しいスキルを身に着けようと考えている場合は、ブロックチェーンのスキルを学ぶのがおすすめです。

特に独自のブロックチェーンを開発できるようなスキルを持った開発者はごくわずかなので、もしもブロックチェーンを開発できるようになれば引く手あまたとなるでしょう。