日本で生まれた初めての仮想通貨として注目を集めているモナコインは、アルトコインの中でも人気が高い仮想通貨です。

果たしてモナコインには将来性があるのでしょうか?
モナコインは将来値上がりするのかどうか、また今後どういった点に期待ができるのかを考えてみましょう。

モナコインの将来性は?

それではモナコインの将来性について考えてみましょう。
モナコインといえば、2ちゃんねるという掲示板から誕生したキャラクターのモナーがモチーフとなっている仮想通貨です。

そのため、一見するとジョーク通貨のように思えるかもしれませんが、実際には様々な技術が使われていて、実用性も高い仮想通貨なのです。
例えば、現在は様々な仮想通貨でスケーラビリティ問題が起こっていて、その解決策の一つとしてSegwitという技術が注目されています。

ビットコインでも実装されたSegwitですが、実は世界で初めてSegwitを実装したのがモナコインなのです。
また、取引所を介さずに仮想通貨の取引が可能となるアトミックスワップも注目を集めていますが、モナコインはビットコインとのアトミックスワップが可能となっています。

さらに、今の所使い道がない仮想通貨が多いのですが、モナコインは独自のサービスを利用できるサイトがあり、そのサイト内では買い物などをモナコインで決済できます。
日本国内ではモナコインでの支払いに対応している店舗もあり、現在もその対応店舗は増えているため実用性も高い仮想通貨といえます。
このように、モナコインは様々な技術を実装していて、実用できる機会も増えているため将来性がかなり高いアルトコインといえます。

モナコインは将来どのように発展していくのか

それでは、モナコインは将来どのように発展していくのか、その期待できるポイントについて考えてみましょう。
モナコインの特徴といえば、コミュニティが強い点です。

モナコインにはファンが多く、通常であれば開発者サイドが行うようなモナコインのイベントなどは、ファンの手によって開催されています。
以前は秋葉原で大型ディスプレイを利用したモナコインのプロモーションイベントが開催され、大いに盛り上がりを見せてモナコインの価格も高騰していました。

モナコインの今後の発展については、将来のコミュニティの盛り上がりが重要となってくるでしょう。

現在は、モナコインのコミュニティというのはほとんどが日本国内のものなのですが、将来的に海外にも広がることができれば、その規模は一気に大きくなります。
その時を待つためには、モナコインの将来に期待して長期的に保有しておく方がいいでしょう。

海外のコミュニティコインとして、ドージコインという仮想通貨があります。
このドージコインはモナコインよりも早く開発されたものですが、モナコインの投げ銭のようにチップとして送る文化があり、コミュニティもかなり盛り上がっています。

また、同様にファンによるドージコインのサイトもあり、そこでの決済にも使われています。
ドージコインはモナコインよりも発行枚数が多く、現在は単価ではモナコインの方が高額なものの時価総額ではドージコインの方が上回っています。

モナコインが将来海外に広まっていったとき、ドージコインと同規模になった場合は現在の価格も数倍になるでしょう。
ドージコインを見ていると、モナコインの将来に期待が持てるのではないでしょうか。

まとめ

モナコインは、日本で特に人気がある仮想通貨であり、ファンによるコミュニティによって盛り上がりを見せています。

海外にもドージコインという仮想通貨があり、同じようにコミュニティがその人気を支えているのですが、モナコインの場合はさらに新しい技術も取り入れ、また実用性も高い仮想通貨となっています。

今後、モナコインが世界的に広まることがあれば、将来的には大きく成長するでしょう。