仮想通貨といえば、ビットコインやリップルなどのメジャーな通貨に注目が集まっていますが、マイナーな通貨でありながらも一部で非常に知名度が高くなっているのがモナコインです。

日本では人気が高いモナコインですが、未来の予想ではどうなっていくでしょうか?

モナコインの未来を予想してみる

モナコインといえば、2ちゃんねるという掲示板のキャラクターであるモナーをモチーフにした、日本で生まれた仮想通貨です。
日本の中でも、特に秋葉原を中心に盛り上がりを見せていて、モナコインを利用したコミュニティもあって熱心なファンも少なくありません。

いまだ決済方法として浸透中の仮想通貨ですが、秋葉原の店舗ではビットコインの他にモナコインを決済方法として導入している所もあります。
また、秋葉原などでモナコインを広めるためのイベントが開催されることもあります。

モナコインは、2013年に誕生した仮想通貨ですが、これまでの最高額は1MONAあたり2,400円を記録しています
ただし、その後は仮想通貨市場が全体的に値下がりしていて、モナコインも例に漏れず下落傾向となってしまったため、現在は150円前後まで落ち込んでしまいました。

今後、モナコインがどう値動きしていくかを予想する場合、モナコインのコミュニティがどれだけ人気となるかによって値動きも変わっていくと予想されます。
モナコインにはいくつかのコミュニティサイトがあり、そのサイトでは投げ銭といわれる、少額のモナコインを送り合う文化があります。

また、モナコインを使って商品を購入することもでき、イラストなどをモナコイン払いで依頼することもできます。

モナコインは熱心なファンも多く、様々なイベントも開催されているので、今後知名度はさらに上がってコミュニティも充実していくこととなるでしょう。
決済に使える店舗も増えつつあるので、これからどんどんと使いやすくなっていくでしょう。
そうなったときは、モナコインのユーザーも増えていき価格も上昇していくことになると予想されます。

モナコインにはネガティブな予想もある

一方、モナコインには時折悪いニュースも出てくることがあり、その時には予想もネガティブになる場合があります。

例えば、モナコインのコミュニティで有名な「Monappy」というサイトがあるのですが、このサイトは2018年の夏ごろに閉鎖される予定がありました。
サイトの運営を続けるのが難しくなったとのことでしたが、無事に株式会社IndieSquareというオンラインウォレットを提供している会社と譲渡契約が結ばれて、今後も継続されることとなったのです。
この譲渡契約が決まるまでは、かなりモナコインに対して不安になる予想が飛び交っていました。

ただ、この譲渡が行われてから1ヶ月ほどで、今度はMonappyのホットウォレットにあった多くのモナコインが盗難されるという被害に遭ってしまい、再びモナコインの未来は暗い方向に予想されることになりました。
幸い、盗難されたモナコインは運営会社が全額保証することになったのですが、その後サイトは一時的に閉鎖されています。

これからMonappyとモナコインはどうなっていくのか、その動向に注目して予想していきましょう。

まとめ

モナコインは、世界的に見ればマイナーなコインですが、日本国内の一部地域では熱心なファンも少なくありません。
モナコインはコミュニティ主導の仮想通貨なので、今後どうなるかを予想する際にはコミュニティの盛り上がりが大きな要因となるでしょう。

ただし、モナコインには時折ネガティブなニュースも現れるので、その時は予想もネガティブになっていくでしょう。