リップルの開発・管理を行うリップル社によって行われた“ロックアップ”は、一時期仮想通貨業界で大きく注目を集めるニュースとなりました。

リップルにおけるロックアップは、将来価値にどのような影響を与えるのでしょうか?
ロックアップの概要と併せて解説します。

リップルの将来価値に影響を与える“ロックアップ”の概要

ロックアップとは、簡単に言うと“インフレを防ぐための供給量の制限”です。
リップルは他の仮想通貨に比べて非常に発行枚数が多く、発行上限は実に1,000億枚に上ります。
リップルは最初から1,000億枚をすべてが発行され、その内の630億枚はリップル社によって保有されていました。

ただ、もしもリップル社が保有するリップルが市場に出回った際、リップルの価値は下がりインフレを起こしてしまう可能性があります。
リップルは“中央集権的”な側面を持つ仮想通貨のため、多くのリップルユーザーがインフレを警戒していたのです。
そんな不安を解消すべく、リップル社は保有している630億枚の内、550億枚を市場に出さないと発表したのです。
これが“ロックアップ”の正体です。

リップル社が保有する大量のリップルが急に出回ることがなくなったため、将来価値にも良い影響を与えると言われています。

ロックアップは少しずつ解除されていく

ロックアップで市場に出さないと決められたリップルですが、永遠にロックアップされているわけではありません。
550億枚のリップルは、少しずつ小出しにして市場に出されていきます。
その量は1ヶ月につき10億枚です。

他の仮想通貨で考えるとこれでも多いように感じますが、トータルの発行枚数が1,000億枚であるリップルにとって、10億枚はそれほど多くありません。
小出しにして市場に出されることで、リップルが急なインフレを起こす心配をなくしながらも、徐々に供給量を増やすことができるのです。

また10億枚のリップルがすべて1ヶ月に供給できなかった場合、余った分は再びロックアップされます。
つまり、リップル社が保有するリップルがすべて市場に出回るまでにできるだけ時間を費やし、インフレを防止しているのです。

そしてこのロックアップは、リップル社が“エスクロー”という機能を利用して行っています。
リップルの利用に関する条件を定められるエクスローは、リップルユーザーの監視下にある為改ざんされる心配はありません。

したがってリップルのロックアップは、今後も予定通り進んでいくことが確実視されています。

リップルのロックアップは将来価値にどのような影響を与える?

リップルがロックアップされたことで、リップルの将来価値にどのような影響を与えるのでしょうか?
まず、初めてリップルのロックアップが実行された際のチャートをチェックしてみましょう。

2017年12月にリップルのロックアップは実行されたのですが、その直後にリップルの価格は高騰しています。
これはリップルのインフレに対する不安がなくなり、ユーザーが購入しやすい状況になったことが理由とされています。

つまりロックアップがこのまま予定通り進行することで、“リップルは購入しやすい”という考えがさらに広まり、どんどん将来価値が上がっていくことが予想されるのです。

また先ほど解説した“エスクロー”などの存在を知れば、なおさらリップルのロックアップに対する信頼性は増すことでしょう。

まとめ

ロックアップはリップルの将来価値に大きく関係し、これからも予定通り進んでいくことが予想されています。
ロックアップの信頼度が高い理由として、“発表から実行されるまでの期間が短かった”ということが挙げられます。

2017年の夏にロックアップの予定を発表し、宣言通り同年12月には実行されたので、リップル社はしっかりユーザーの意見を取り入れて運営されていることがわかります。

ユーザーの意見を取り入れ、速やかな措置が実現できているうちは、リップルの将来価格に大きく期待できるでしょう。