仮想通貨市場はここ数年で飛躍的な成長を遂げましたが、認知されることが多くなった分、詐欺が行われる機会も多くなっています。
仮想通貨の詐欺に引っかからないようにするためには、仮想通貨の詐欺によくある手口を把握しておくべきです。

それでは、これからその手口をいくつか解説します。

スポンサーリンク




事前に対策を!仮想通貨の詐欺によくある手口①価格が保証される

“価格が保証される”ということを謳い文句にしている仮想通貨は、ほぼ確実に詐欺だと思っていいでしょう。
価格が保証されるというのは、つまりある水準から価格が下がることはないということです。

仮想通貨を販売する側にとって、価格を保証することは負担が大きすぎる上に、価格をある水準以上に保つということは基本的に不可能です。

仮想通貨ユーザーに安心感をもたらし、仮想通貨を販売しておいて発行しない、実際は価格を保証しないという手口は、至るところで横行しています。

仮想通貨初心者は、仮想通貨に対してどこか“危険”というイメージを持っているため、このような安心感がある謳い文句には引っかかりやすい傾向にあります。

事前に対策を!仮想通貨の詐欺によくある手口②買取保証がされる

“買取保証がされる”という仮想通貨も、詐欺の可能性が高いので注意しましょう。

買取保証とは、つまり仮想通貨を購入した後に価格が上昇しなかったり、サービスに満足できなかったりしたときに、販売者側が仮想通貨を買い取って現金で保証するということです。

100%買取保証であればまだいいですが、50%買取保証などと謳っている仮想通貨は要注意です。
なぜかと言うと、そういう場合販売者側は、最初から50%の利益を騙し取ろうと考えている可能性が高いためです。

買取保証がされたとしても、結局仮想通貨の購入者は購入価格の50%損することになります。
また販売者側は、50%でも買取保証をすればユーザーから訴えられる可能性が低いと考えるため、このような手口を使って仮想通貨を売り付けます。

買取保証がされると言っても、最終的には購入者が損をするケースがほとんどなため、信用しないようにしましょう。

スポンサーリンク




事前に対策を!仮想通貨の詐欺によくある手口③豪華な冊子がある

仮想通貨に豪華な冊子が存在する場合も、詐欺を疑うべきでしょう。

豪華な冊子でユーザーの気を引き、仮想通貨におけるリスクなどに目を向けさせないようにするというのは、よくある仮想通貨詐欺の手口です。
ハッキリ言って、魅力的な開発目的やシステムの仮想通貨であれば、豪華な冊子など用意しなくても購入者は現れます。

また開発チームも、冊子にコストを費やすぐらいであれば、もっと仮想通貨の開発にコストを費やすはずです。

したがって、冊子に書かれている魅力的な内容よりも、その仮想通貨におけるリスクに注目して購入を検討すべきでしょう。

仮想通貨の詐欺に遭わないために必ず信頼できる取引所を利用しよう

仮想通貨の詐欺に遭わないためには、必ず信頼性の高い取引所で購入するようにしましょう。
信頼性の高い取引所は外部機関から厳しく監査されている上に、購入履歴もしっかり残ります。

したがって、もし仮想通貨詐欺の被害に遭ってしまっても、自分が被害者だということを証明しやすく、後々資金が戻ってくる可能性は高いです。
信頼性の高い取引所を選ぶには、その取引所の運営期間や取得している金融ライセンスをチェックしましょう。

まとめ

仮想通貨市場の成長は、2018年に入って少し落ち着きを見せていますが、まだまだ新しい仮想通貨は誕生し続けています。

したがってこれからも、サイバー攻撃のように詐欺の手口はどんどん多様化していくことが予想されます。

仮想通貨詐欺は仮想通貨そのものの信頼性を下げ、発展を妨げる極めて悪質な行為です。
魅力的なサービスに騙されず、常に客観的な目線で詐欺かどうかを見極めるように心掛けましょう。

スポンサーリンク