仮想通貨を簡単に説明しろといわれたときに、思い浮かぶのがお店などで貯められるポイントのようなもの、という説明でしょう。
確かにどちらも実体がないものですが、両者には大きなちがいがあります。
その違いとは何でしょうか?

仮想通貨とポイントの共通点

仮想通貨というのはあくまで仮想なので、現実に手に取ることができません。
仮想通貨はウォレットというデジタル世界の財布に保管するか、もしくは取引所に置いておくことになります。

一方で、ポイントも同じく手にすることはできません。
ポイントは、昔であればカードにハンコを押すか、台紙にシールを貼るといった形で集めていたものですが、今はポイントカードに貯めるか、もしくはそのポイントを発行しているサイト内で貯まっていくものです。

どちらも電子的な存在として扱うことから、似ていると考えることができます。
しかし、仮想通貨とポイントには大きな違いがあります。

仮想通貨とポイントの違いは?

仮想通貨には、2つの使い道があります。
1つは法定通貨といわれる現実のお金と交換することで送金などを可能とすることです。
これは、ある意味で法定通貨を電子化して送金する状態に近いといえます。
同様の仕組みで、仮想通貨をそのまま決済に使うこともできます。
この場合は、その仮想通貨による決済に対応しているお店でなければ決済ができません。

ただし、仮想通貨を利用できるデビットカードがあるので、それを利用した場合は多くのお店で決済できるようになるでしょう。
もう一つが、その仮想通貨を発行している団体が何らかのサービスを用意している場合に、その使用料として支払う、もしくはその中での決済方法として利用することです。
どちらかといえば、この使い方はポイントと同様の使い方といえるでしょう。

一方、ポイントというのはもう一度そのお店に来て買い物をしてもらうために、代金の一部を割引券のように還元したものです。
そのため、基本的にはそのポイントを発行したお店での決済に使われることとなります。
中にはTポイントや楽天ポイントのように、加盟店であればお店のポイントではなくTポイントなどを付与し、また決済にも使える場合もあります。

しかしこれはごく一部だけであり、一般的にはお店ごとに発行されたポイントカードにポイントが貯まり、そのお店でしか使うことはできません。
法定通貨を直接ポイントに変換することもできず、他人に譲ることもまず不可能です。
こうした点に仮想通貨とポイントの違いがあります。

売買が可能なのは仮想通貨だけ

仮想通貨とポイントの大きな違いとして、仮想通貨は売買が可能という点があります。
ポイントは、商品券などと交換できる場合はあるものの、売買は規約によって禁止されており、ポイントを他人に送付する機能などもまずありません。

それに対して、仮想通貨は自分で他のアドレスに送付することもでき、売買や譲渡も自由にできます。
そのため、ポイントはもうその店に行かない、ということになれば無価値なものとなりますが、仮想通貨であれば不要になった時には売って処分することができます。

このように考えると、仮想通貨はポイントの上位互換のように考えることができます。
その点に目をつけて、お店のポイントを仮想通貨で発行しようという考えを持つ人も時々います。
システム的にもポイントを導入するより簡単なので、今後増えていくかもしれません。

まとめ

仮想通貨は、簡単に言うとポイントの様なものですが、ポイントよりもできることなどは多くなるでしょう。
そのため、ポイントの上位互換のように思うことができます。
お店独自のポイントシステムを作るよりも簡単なので、今はお店で発行した仮想通貨をポイントの代わりに扱うお店も増えています。

もしかしたら、今後はポイントが無くなり、全て仮想通貨にとってかわられる可能性もあります。