仮想通貨には様々な種類がありますが、その中で日本から誕生した仮想通貨として注目されているのがモナコインです。

モナコインの特徴としては、どういったところがあるでしょうか?

仮想通貨のモナコインとは?

日本では仮想通貨の中でも人気が高いモナコインですが、実は日本で誕生したものです。
2014年に誕生した仮想通貨で、大型掲示板の5ちゃんねるにあるソフトウェア版という掲示板から生まれました。
同じく仮想通貨のライトコインを参考にして作られたのですが、その後様々な変更が加えられたことで、ほとんど別の仮想通貨となっています。

モナコインの特徴としては、ファンによるコミュニティが強いという点があります。
コミュニティが強いということは、常に一定数の利用者がいるため、価格が下がりにくくなります。

仮想通貨の場合、一時的に話題となって価格が上昇して、すぐに下落するということが起こりやすいのですが、モナコインの場合は価格を保ちやすくなるでしょう。

また、通常の仮想通貨とは異なり、モナコインには明確な開発チームが存在していません。
開発を行ったのはワタナベという人物なのですが、その後の開発はモナコインのファンがボランティアで行っています。

そのため、ユーザーの希望をダイレクトに取り入れることができるようになっていて、世界初のSegwit導入や、アトミックスワップを実現するなど積極的に機能性を高めています。

ただし、仮想通貨の開発にはロードマップが存在することが多いのですが、モナコインにはその開発の性質上ロードマップが存在しないというデメリットもあります。

モナコインには独自のサービスがある

仮想通貨には、それを利用するためのプロジェクトなどが存在することも多いのですが、モナコインにはプロジェクトなどが存在しません。
その代わりと言っては何ですが、独自のサービスとしてmonapartytipmonaというサービスが提供されています。

Monapartyは、買い物とモナコインの管理が可能な、ポータル&ウェブウォレットサイトです。
売買されている品目も豊富で、食品などの売買も行われている他にフリーマーケットのように自分たちで出品することも可能です。

Tipmonaは、ツイッター上のタイムラインでモナコインの送受信ができるサービスです。
使い方は、「@tipmona tip @ユーザー名 数」というツイートだけでモナコインを送ることができます。
どちらも人気があるサービスです。

モナコインは実用性も高い

仮想通貨の決済は現在普及が進んでいますが、現在はビットコインでの支払いは受け付けている店舗が多いものの、他の仮想通貨についてはあまり普及が進んでいません。

しかし日本では、仮想通貨の中でもビットコインに次いでモナコインでの決済を受け付けるお店が多くなっています。
モナコインでの決済はモナ払いといい、主に秋葉原を中心に普及が進んでいます。
また、モナコインでは気に入った相手にモナコインを送る投げ銭という文化も発達しています。

今後も、日本国内では仮想通貨の中でもトップクラスの実用性を保ち続けるでしょう。

ただ、モナコインはその取引量の70%以上が日本国内での取引です。
海外ではあまり人気がある仮想通貨とは言えないので、将来的にモナコインの価格は頭打ちとなる可能性も高いでしょう。

まとめ

日本の掲示板から誕生した仮想通貨のモナコインは、日本国内で人気がありファンのコミュニティも大きくなっています。
仮想通貨の中では実用性も高く、秋葉原を中心にしてビットコインのようにモナコインで決済できるお店も増えつつあります。

日本国内の取引所で取引が可能というのも利用しやすいポイントです。
ただし、その取引はほとんど日本国内で行われているため、海外ではあまり知名度が高くありません。

その分市場が狭くまとまっていると言えるので、将来的に価格は頭打ちとなる可能性も高いでしょう。