仮想通貨の取引所の中には、レバレッジ取引ができるというところもあります。
このレバレッジ取引というのはどういったものでしょうか?

また、仮想通貨の取引でレバレッジ取引をする場合の注意点とはなんでしょうか?

仮想通貨のレバレッジ取引とは?


仮想通貨取引所の一部には、レバレッジ取引が利用できるところがあります。
レバレッジというのは、てこという意味です。
仮想通貨におけるレバレッジ取引というのは、資金の数倍の取引を行えるようにすることです。

例えば、仮想通貨取引に予定している資金を5万円持っていたとします。
通常の取引であれば、1枚1万円の仮想通貨を5枚購入できます。
その仮想通貨が1枚あたり1万2千円になれば、1万2千円×5=6万円なので、6万円-5万円=1万円の利益となります。
また、1枚あたり8千円になった場合は、8千円×5=4万円となり、4万円-5万円=-1万円となるので、1万円の損をしたことになります。

しかし、この仮想通貨取引を5倍のレバレッジで行っていた場合はどうなるでしょうか?
レバレッジ取引では、まず資金を保証金として預けます。
5万円を保証金として5倍のレバレッジ取引を行った場合、取引に利用できる資金は25万円となります。
そうなると、同じ仮想通貨を取引するために、25枚購入することができます。

そこで先ほどのように、1枚あたり1万2千円となった場合は、1万2千円×25=30万円となり、30万円-25万円=5万円の利益が得られることになります。
同じ値上がり幅であっても、利益が5倍となるのです。

ただし、1枚あたり8千円となった場合は、8千円×25=20万円となり、20万円-25万円=-5万円なので、5万円の損失となります。
この場合は保証金の分だけ損失となったため、保証金としていた5万円が失われることとなります。

このように、仮想通貨の取引において利益も損失も倍率に応じて増えていくのが、レバレッジ取引です。
少ない資金でも大きな利益を狙うことができるのが魅力ですが、その一方で損失も大きくなるので気を付けて利用しましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引で気を付けること


仮想通貨の取引をレバレッジ取引で行う場合、気を付ける点が一つあります。
それは、ロスカットについてです。
ロスカットというのは、取引において一定以上の損失が生じた場合、強制的に決済される機能のことです。
このロスカットについては、保証金に応じて異なります。

例えば、ロスカット50%となっている場合は、保証金として預けている金額の半分にあたる金額の損失が生じた場合に、強制的にその取引が終わってしまうということです。
先ほどの例でいえば、仮想通貨の価格が9千円になった時点で自動的にその取引が終わりとなってしまうことになります。
これは、損失金額が保証金の金額を超えないようにするために設けられています。

通常の仮想通貨の取引では、どうあっても投資資金がマイナスとなることはありません。

しかしレバレッジ取引の場合は、保証金以上の損失が生じる可能性があるので、多少の余裕を持たせたうえで取引が終了できるようにロスカットという決まりがあるのです。
ただし、その決まりによって上昇傾向の市場で一時的に値下がりがあっただけでロスカットが起こり、損をしてしまうこともあるのです。

特に仮想通貨の取引は、値動きが大きい場合も多いので気を付けましょう。

まとめ


仮想通貨の取引にはレバレッジ取引というものがあります。
レバレッジというのはてこのことで、投資の資金を数倍にして取引することが可能となる取引方法です。
仮想通貨の取引でレバレッジ取引を行うと、利益も損失もその倍率に応じて大きくなります。

レバレッジ取引を行う場合、保証金として元となる資金を預けておく必要があるのですが、その資金に応じてロスカットという強制的な取引の終了が行われる場合もあります。
ロスカットは保証金以上に損をしないように設定されているのですが、そのために思わぬ損失を被る場合もあります。

仮想通貨取引でレバレッジ取引を行う場合は、十分に気を付けて利用しましょう。