仮想通貨といえば、値動きが大きいというのが特徴的です。
しかし、仮想通貨の値動きはなぜ起こるのでしょうか?
また、株やFXと比較して値動きが大きいのは何故でしょうか?

その理由について考えてみましょう。

仮想通貨の値動きが起こる理由は?

仮想通貨は、政府などの管理がないためその価格は純粋に需要と供給によって決まります。
その仮想通貨を欲しいという人が増えた場合は価格が上がり、手放したいという人が増えれば価格は下がります。

仮想通貨は、この需要と供給のバランスによって値動きが起こります。
需要が高まる原因としては、まずその仮想通貨の知名度が上がるということがあります。
多くの人がその仮想通貨について知ったことで、興味を持って買おうという人が増えた結果、高値へと値動きしていくのです。

また、多くの仮想通貨には関連したプロジェクトがあり、様々なサービスの提供を予定しているのですが、そのサービスが本格的に始動するメインネットのローンチや、サービスへの期待が高まるパートナーシップの締結などがあった場合、将来性に期待できるとしてその仮想通貨を購入する人が増えるため、やはり高値へと値動きするでしょう。

反対に、その仮想通貨についての悪い話題が生じた場合などは、安値へと値動きしていきます。
その仮想通貨に対して不信感を抱く人が増えたことで、手放したいと考える人が増えるからです。

仮想通貨の市場は非常にシンプルな原理で値動きが起こるのですが、その分値動き幅が大きくなりやすいという特徴もあり、1日で価格が2倍になる事や半分になるような値動きが起こることもあります。

株やFXと比較した仮想通貨の値動きは?

仮想通貨の値動きは、株やFXと比較するとかなり動きの幅が大きいといわれています。
それは何故でしょうか?
株式市場では、1日の値動きが一定の範囲で収まるように、ストップ高・ストップ安という値幅制限が設けられています。

これは、証券取引所が適正な株価を形成する役割を持っている事と、投資家が不測の事態で損害を被らないように保護することを目的として設けられています。
これは日本など一部の国の株式市場で定められているものであり、アメリカなどの株式市場にはありません。

この値幅制限があることで、仮想通貨とは違い株価は一定以上の値動きが起こらないのです。

また、FXの場合は法定通貨の取引が行われています。
法定通貨の場合、国や中央銀行という明確な管理者が存在しています。

そのため、例えばドル円で一定以上の円安となりそうな気配がある時は、一定の範囲に収まるように日本銀行が資金を投入して買い支えるなど、市場に介入しての価格操作が行われます。
そのため、FXでは一時的に大きく値動きが起こることはあっても、1日の始めと終わりを比較した場合は一定以上の値動きが起こらないようになっています。

仮想通貨の場合は、このように価格の調整を行う管理者がいないため、制限なく値動きが起こるのです。

仮想通貨の場合は、株やFXのように値動きを制限されることがないため、大きくその価格が動きます。
高騰していた相場が1日でそれ以上に下落する可能性などもあるので、仮想通貨に投資する際は値動きに注意しておきましょう。

まとめ

仮想通貨の値動きは、取引を行う人の需要と供給のバランスの変動によって起こります。
株やFXでも同様ですが、株やFXの場合は1日の値幅制限や政府・中央銀行による買い支えなどで値動きは一定の幅に収まる傾向があります。

しかし仮想通貨の場合は、こうした値動きを制限するものが無いため、需要と供給のバランスが崩れた場合は際限なく値動きが起こります。

仮想通貨への投資を行う際は、値動きについていけずに損をしないように十分気を付けましょう。