現在、仮想通貨の取引などは盛んに行われており、ニュースなどでも見かけることが増えてきました。
その中で、仮想通貨に興味があっても、その使い方が分からないという人は多いでしょう。

仮想通貨はどうやって使えば良いのか、その使い方について解説していきます。

仮想通貨の使い方は?

仮想通貨を使う場合、まず必要となるのはウォレットです。
ウォレットというのは、仮想通貨を保管するために必ず用意しなければいけないものです。
ウォレットには、ウェブ上で利用するものやパソコンにインストールして利用するもの、スマートフォンアプリ、専用の機器を利用するハードウェアウォレットなど様々な種類があります。

こうしたウォレットを利用すると、そのウォレット用のアドレスが作成されます。
そのアドレスに対して仮想通貨を送金すると、ウォレットでその仮想通貨を保管できるようになるのです。

例えば取引所で購入した仮想通貨は、一旦取引所が用意したウォレットに保管されます。
そこから、自分のウォレットへと移動するには、ウォレット用のアドレスが必要となるのです。
ウォレットは、それぞれ対応している仮想通貨の種類が異なるため、自分が取引する仮想通貨によってウォレットを使い分ける必要があります。

ウォレットはそれぞれの仮想通貨で公式ウォレットとして提供している場合もあれば、ウォレットを提供するサイトなどもあります。
使いやすさなども異なるため、それぞれのウォレットの評判を見ながら選ぶといいでしょう。

また、取引所で仮想通貨を売却する場合は、ウォレットから送金する必要があります。
その場合は、取引所のウォレット用アドレスがあるため、そこを宛先として送金しましょう。

まずはウォレットを用意するのが、仮想通貨の使い方の第一歩となります。

仮想通貨の具体的な使い方

仮想通貨の中には、何らかのプロジェクトと連動して生まれたものがあります。

例えば、イーサリアムの場合はトークンという仮想通貨を作成する際の手数料や、アプリを発行する際の手数料として使われることもあります。
しかし、仮想通貨の使い方はそれだけではなく、支払いや仮想通貨との交換などに使うこともできます。
仮想通貨で支払いができるのは、その支払い方法に対応している店舗だけです。

ネットショッピングで利用できる場合もあれば、ビックカメラなどでビットコイン祓いを受け付けていたりする場合もあります。
また、仮想通貨対応のデビットカードもあるので、クレジットカードのように仮想通貨で支払う事も可能です。

あらかじめ支払いに対応したウォレットを用意する必要があるため、事前に調べておくといいでしょう。
他の仮想通貨との交換については、取引所で仮想通貨を購入する際に法定通貨ではなく、仮想通貨での支払いを選択します。

いちいち両替する必要がないため、仮想通貨の交換は簡単に行うことができます。
仮想通貨のこういった使い方を知っておくと、使い道はどんどんと増えていくでしょう。

まとめ

仮想通貨は、その使い方を知らなければ取引所で売買する事しかできません。
仮想通貨にはウォレットというものがあり、まず自分で保管するためにはウォレットを用意する必要があります。

また、一部の店舗に限られますが、仮想通貨をショッピングの決済や、お店での決済を行うといった使い方もできます。
その場合も、対応しているウォレットが必要になるでしょう。

仮想通貨による決済は、現在デビットカードを利用していない方法で可能なお店は限られています。
仮想通貨での決済が可能な店舗が増えていくことで、仮想通貨により多くの使い方が生まれるでしょう。