次々と新しい仮想通貨が生まれていく中で、情報収集が上手くできずに困っている人も多いでしょう。
仮想通貨の情報収集はどうやって行えばいいのでしょうか?

仮想通貨に対する情報収集に使われることが多い方法を解説していきます。

仮想通貨の情報収集に活用できるアプリなど


仮想通貨について、最も情報が流れているといわれるのはテレグラムでしょう。
テレグラムはアプリですが、ほとんどの仮想通貨はこのテレグラムでコミュニティが作られています。
日本でも最近ユーザーが増えていて、海外の仮想通貨でも日本で人気がある場合は日本語専用のチャンネルが開設されている場合もあります。

テレグラムでは、仮想通貨の開発チームが参加していることも多いので、情報収集がしやすい場所です。
PC用とスマートフォン用のアプリがあり、最新の情報が流れやすいうえにほかのユーザーに対して質問なども可能です。

また、ツイッターを活用している場合もあります。
ツイッターでは、公式チャンネルのほかに開発チームがそれぞれ現在の開発状況や、今後の予定などをつぶやいていることもあります。

日本語に翻訳する機能もあるため、ツイッターのほうが使いやすいという人も多いでしょう。
フェイスブックでも、同様に情報の発信がされていることが多いので、あわせてチェックしておいたほうがいいでしょう。

redditという掲示板サイトも、仮想通貨の情報収集としては人気があります。
アメリカで最大級の掲示板であるredditは、日本でいうところの5ちゃんねるです。
気軽に質問がかわされているため、他のユーザーから仮想通貨に関する情報収集を行いたい場合は活用しましょう。

仮想通貨について、技術的なことも踏まえた情報収集を行いたい場合は、GitHubも活用しましょう。
GitHubでは開発者同士の意見交換なども行われていて、より詳しい情報を知ることもできます。
また、開発状況についての報告が行われている場合もあります。

新しい仮想通貨の情報収集は


これからICOが行われる仮想通貨など、新しい仮想通貨の情報収集をしたい場合は、また違った方法で行いましょう。
新しい仮想通貨については、いくつか紹介しているサイトがあります。
その中でも有名なのが、ICO benchというサイトです。

このサイトでは、これまでにICOが行われた仮想通貨と、これからICOが行われる仮想通貨についての格付けを行っているため、ICOが信頼できるかどうか、といった情報収集も可能です。

また、世界最大級の仮想通貨ICOサイトとして、COINJINJAというサイトがあります。
こちらは日本語で表示されているため、日本人にとってはありがたいでしょう。
COINJINJAでは、過去のICO情報やこれからのICO情報が掲載されていて、それぞれの仮想通貨プロジェクトの概要や開発チームについても紹介されています。

BITCOINTALKというサイトは、海外で人気のあるサイトです。
NEMの分配がこのBITCOINTALKから始まっていて、今でもエアドロップのある仮想通貨の情報収集はBITCOINTALKがおすすめとされています。

仮想通貨を開発する際は、まずここでアナウンスページを作成するというのが通例とされているため、新規の仮想通貨の情報収集としては最速の情報が手に入ります。
実は日本語のフォーラムもあるので、ぜひ登録しておきましょう。

登録しておくことで、エアドロップが配布されることもあります。
仮想通貨の情報収集を行うのであれば、これらをチェックしておきましょう。

まとめ


仮想通貨は次々と新しいものが誕生しているのですが、その情報収集を行いたいと思った場合はどこで行うべきか悩む場合もあります。

仮想通貨の情報は、SNSやコミュニティ、掲示板、サイトなど様々なところから発信されていますが、得られる情報の速度や種類には違いがあります。

仮想通貨について、自分が情報収集したいのはどのようなことかを考えて、それに適した情報元を探していきましょう。