世の中には、時価総額は下位ながらも独自のシステムでユーザーからの支持を集める仮想通貨が多くあります。
仮想通貨“カウンターパーティー”もその1つであり、独自の承認システム“Proof of Burn”を世界で初めて採用するなど、魅力に溢れています。

今回は、仮想通貨カウンターパーティーとPoBについて解説します。

仮想通貨カウンターパーティーの概要

仮想通貨カウンターパーティーは、ビットコインのブロックチェーンを利用してトークンを発行することができるプラットフォーム型仮想通貨です。
正確に言うとカウンターパーティーはプラットフォームの名称で、そこで使用される仮想通貨は“XCP”と言いますが、ここでは仮想通貨カウンターパーティーと呼称させていただきます。

仮想通貨カウンターパーティーでトークンを発行する際、またはそのトークンを売買する際に、XCPを使用します。
また仮想通貨カウンターパーティーの大きな特徴として、発行上限枚数の少なさが挙げられます。

ビットコインが2,100万枚であるのに対し、仮想通貨カウンターパーティーの発行上限枚数は264万枚しかありません。
億単位の発行上限枚数を誇る仮想通貨も存在することを考えると、かなり少ないです。

したがって仮想通貨カウンターパーティーは1枚あたりの価値が高く、他の仮想通貨よりも比較的価格の上昇・下降がしやすいと言えます。

仮想通貨カウンターパーティーの承認システム“Proof of Burn”って?

仮想通貨カウンターパーティーは、世界で初めてProof of Burnという承認システムが採用された仮想通貨です。
Burnには“焼却する”という意味があり、文字通り仮想通貨を焼却するように利用を不可能にする承認システムがこのProof of Burnです。
秘密鍵を持っているアドレスに仮想通貨を送金することで、送金されたコインは二度と利用できなくなります。

アドレスの秘密鍵は誰もわからないため、このアドレスに送金されたコインが二度と利用できないことが証明されるということです。
そして利用できなくなったコインの対価として、ユーザーは別のコインを手に入れることができます。

仮想通貨カウンターパーティーのProof of Burnでは、ビットコインを送金することによって、対価としてXCPがもらえる仕組みになっています。
仮想通貨カウンターパーティーには、焼却されたビットコインの量に応じてXCPが自動的に分配されるシステムが組み込まれているため、このような仕組みが実現できたのです。

仮想通貨カウンターパーティーの承認システムProof of Burnの利点

仮想通貨カウンターパーティーの承認システムであるProof of Burnが、二度とコインを利用できなくなる仕組みであることは、わかっていただけたかと思います。

では、Proof of Burnを採用することにはどんな利点があるのでしょうか?

まずProof of Burnを採用することには、平等にコインが分配されるという利点があります。
仮想通貨カウンターパーティーのProof of Burnでは、送金されたビットコインの量に応じてXCPが分配されると解説しましたね。

このシステムはユーザーだけでなく、開発チームにも適用されています。
つまり開発チームであろうと、XCPを獲得するにはビットコインを送金しなければいけないため、ユーザーに分配されるXCPだけが少なくなるということは基本的にありません。

またビットコインが焼却されることによって、市場に出回るビットコインの枚数が少なくなるため、必然的に価値を上昇させられるという利点もあります。

まとめ

イーサリアムのブロックチェーン上で発行されるトークンである“ERC-20トークン”は、現在トークンの主流となっています。
ただトークンが発行できるプラットフォーム系仮想通貨という点で言えば、カウンターパーティーの方が歴史は長いです。

したがってこれからERC-20トークンの種類がどんどん増加し、イーサリアム自体も認知度を上げていくたび、仮想通貨カウンターパーティーにも注目が集まる可能性は十分にあります。