仮想通貨の取引を始めたばかりの方の中には知らない方も多いかもしれませんが、人気がある仮想通貨の1つに“カルダノ”という銘柄があります。

時価総額トップ10にも入るほどの人気を誇っているカルダノですが、一体どんなところが評価されてこの位置にまで上り詰めたのでしょうか?

カルダノの魅力を解説します。

仮想通貨カルダノの概要

仮想通貨カルダノは、2017年にリリースされた比較的新しい仮想通貨です。
正確に言うと、カルダノはプラットフォームの名称であり、プラットフォームであるカルダノにおいて使用されるトークンの名前は “エイダコイン”と言います。

仮想通貨カルダノは、公平性を重視した“カジノプラットフォーム”としての地位を確立するためにリリースされました。
現在オンラインで提供されている一般的なカジノは、さまざまな点で公平性に欠けています。

例えば胴元による勝ち負けの操作が行われる可能性もゼロではありませんし、もともと勝てないプログラミングが施されている場合もあります。
また単純に利用するためのコストも高く、利用時には個人情報の登録が必要不可欠で煩雑な面もあります。

つまり仮想通貨カルダノは、従来のオンラインカジノが持つ課題を解決するためのプラットフォームだということです。
ブロックチェーンやスマートコントラクトを駆使することで、公平性が高いだけでなく煩雑さも削ぎ落とされたカジノプラットフォームになることを目的にしています。

そんな仮想通貨カルダノには、“仮想通貨の第一人者”とも言われるチャールズ・ホスキンソンが開発メンバーとして参加しており、正式リリースの前から大きな注目を集めました。

仮想通貨カルダノの評価されている点について

仮想通貨カルダノの評価されている点として、“スマートコントラクトが採用されている”という点が挙げられます。
イーサリアムへの導入で一気に知名度が高まったスマートコントラクトですが、仮想通貨カルダノのスマートコントラクトは、イーサリアムのそれとは一線を画します。

仮想通貨カルダノのスマートコントラクトは“Plutus”と言って、イーサリアムのスマートコントラクトよりも高いセキュリティ性を発揮できることが期待されています。
また機能性も高く、複雑な契約内容でも高速で記録できると言われています。

またセキュリティ性が高く、圧倒的な送金スピードを誇る専用ウォレット“Deadalous(ダイダロス)”も評価されているポイントです。
そして仮想通貨カルダノは承認システムにProof of Stakeを採用しているため、Deadalousにコインを入れておくだけで、状況によっては報酬を獲得できます。

そして極め付きは、“ワイスレーティング社”から高評価です。
ワイスレーティング社はアメリカにある格付け機関であり、発表する格付けは影響力が大きいことで有名です。

これまで40年以上に渡って投資商品や機関の格付けを実施しており、その内容は世界各国のニュースや新聞など、さまざまな媒体で紹介されています。
そんなワイスレーティング社が2018年に発表した格付けでは、仮想通貨カルダノが非常に高く評価されています。

これから購入すべきコインだと紹介されたため、その影響で仮想通貨カルダノを購入したユーザーが増えたのではないかと推測できます。
ロードマップも打ち出されている仮想通貨カルダノは、これからさらにアップデートされていくことが期待されるため、しばらくの間現在の位置をキープすることになるでしょう。

まとめ

仮想通貨カルダノが他の銘柄と一線を画した魅力を持っていることは、何となく理解していただけたでしょうか?

リリースされたのが仮想通貨元年の2017年だったことを考慮しても、1年でこれだけの位置にまで上り詰める仮想通貨はそう多くありません。

これからの将来性を期待する声も多いため、気になる方は1度チェックしてみてください。