仮想通貨にもいろいろなものがありますが、
ニュースなどの報道の影響もあって
仮想通貨NEMというものに興味を
持っている方も多いのではないでしょうか?


仮想通貨というのは思っている
以上にいろいろな種類があって、
そのひとつひとつが
独自の特徴を持っています。


ここでは、仮想通貨NEMについて
基礎的な部分をご紹介していきたいと思います。

 

 

仮想通貨NEMとは?通貨はXEM

NEMというのは、もともと
New Economy Movement」の
頭文字を取った略称でした。


意味は、「新しい経済活動」です。


現在は略称ではなく、「NEM」という
名前の仮想通貨として固有名詞
となっています。


新しい経済活動」の創出を
目標にスタートした仮想通貨の
プロジェクトです。


プロジェクトの企画が
持ち上がったのは2014年、
公開となったのは2015年です。


NEMでは新しいプラットフォームを
使っているのもひとつの特徴です。


例えば、ブロックチェーンというと
イーサリアムの名前がよく挙がりますが、
NEMではNEM独自の
ブロックチェーンがあるのです。


NEMのブロックチェーンは
毎秒2トランザクションを生成することが
できるということもあり、


イーサリアムからNEMへと
乗り換えるというところも
出てきているようです。


仮想通貨NEMの仮想通貨としての
単位は「XEM」です。


「ゼム」と読みます。


仮想通貨ということで、
発行上限枚数が気になるところですが
上限は8,999,999,999XEM
だと言われています。


上限といってもすでに
これだけの枚数が発行されていて、
新規での発行というのはありません。


つまり、ビットコインで言うところの
マイニングといったものはできないわけです。

 

 

承認システムPloof of Impotanceについて

NEMではマイニングができない
という話をしたのですが、
その代わりにハーベスティングというものが
可能になっています。


ハーベスティングは「収穫」という
意味を持っています。


このハーベスティングで
ポイントになってくるのが
Ploof of Impotance」というものです。


「Ploof of Impotance」は「PoI」と
省略されるのですが、


NEMにおいてはそれぞれの
アカウントにインポータンスという
PoIスコアがつけられるようになっています。


インポータンスというのは、
そのままの意味で「重要度」です。


保有しているXEMだけではなく、
PoIスコアが高いほどハーベスティングで
報酬が得られる可能性が高まります。


このインポータンスを上げるためには、
NEMのネットワークに積極的に
参加することです。


そこで頑張れば頑張った分だけ、
チャンスが得られるという形になっています。


ビットコインのマイニングを
ご存知の方であれば、
これらの一連の流れがマイニングに
似ていると思うでしょう。


厳密には違うのですが、
ビットコインでのマイニングに
相当するものがNEMのハーベスティング
という理解でも問題はないかと思います。


ただ、ハーベスティングのほうがより気軽に、
多くの方が参加できるという魅力を持っています。


 

NEMが買える取引所は?

さまざまな魅力を持っているNEMなので、
「NEMを買いたい!」という方も多いでしょう。


ただ、NEMはどこででも
買えるわけではありません。


今のところ、NEMを買える取引所
というのはかなり限られています。


まず挙げられるのがZaif(ザイフ)です。


剛力彩芽さんのテレビコマーシャルが
印象に残っているという方も多いのでは
ないでしょうか?


実はZaif(ザイフ)はNEMと
関わりの深い取引所でもあります。


というのも、Zaif(ザイフ)を
運営しているテックビューロ社は


NEMから「mijin」という
プライベートブロックチェーンを
開発しているのです。


Zaif(ザイフ)は世界中で
取引されるNEMのうち半分近くの
取引高を占めていたこともありますし、


NEM市場においては
世界最大級といってもいいでしょう。


国内ではコインチェックもNEMを
取り扱っているのですが、
流出の件があってからは
機能面でいろいろと制限が出ているようです。


NEMは海外の仮想通貨取引所でも
購入することができるのですが、


海外の仮想通貨取引所として
メジャーなのはBittrexとPoloniexあたりでしょう。


メジャーな取引所以外であれば、
もっと選択肢も増えてくるかと思います。


ただ、国内で購入できるものを
あえて海外で……というのは
あまりメリットを感じられないかもしれません。


 

NEMを保管できるウォレットは?

仮想通貨というのは
日本円の硬貨や紙幣のように
持ち歩くことができません。


かといって、取引所に
そのまま置いておくのは不安があります。


そういうときに利用すべきがウォレットです。


ウォレットにしてもどれを
利用すればいいのか
わからないという方もいるでしょう。


幸いなことに、NEMに関しては
NEM公式のウォレットが提供されています。


XEMを一定以上入れておけば、
先でお話ししたハーベスティングも
可能になります。

公式のウォレットはふたつあって、
デスクトップウォレットが
Nano Wallet」、スマートフォン対応の
ウォレットが「NEM Wallet」になります。


基本的にインストールすればすぐに
利用することができます。


迷っている場合には
デスクトップウォレットが無難かもしれません。


 

NEMの今後は?

NEMそのものには落ち度がないのに、
流出の一件でNEMはその価値を
大幅に下げてしまいました


しかしながら、NEMというのは
これまでご説明しましたように
かなりのポテンシャルを秘めています。


しかも、カタパルトを控えています。


カタパルトというのは、
簡単に言ってしまうとNEMの機能を
アップデートできるプロジェクトのことです。


これが実装されることになれば、
NEMというのはよりパワーアップします。


処理スピードが大幅に向上すると
言われていますので、将来性というのは
バッチリと言えるでしょう。


むしろ今が買い時とも言えるかもしれません。