AIは近年目覚しい進歩を遂げて、
私たちの社会に浸透し、
生活にも浸透してきました。


当然、
AIビジネスでも
様々なシーンで活用されています。


各企業でも
AIを使って、
より売り上げを伸ばそう、
顧客のニーズに応えようという動きが
活発になっています。


そして、これからも、どんどん
AIを活用して
ビジネスを発展させていこうとする会社は
増えてくることでしょう。

 

 

AIはどのような分野で活用されているのか?

AIはあらゆる分野に活用されている
といっても過言ではないくらい、
様々な分野で利用されています。


私たちユーザーが、
AIが導入されていると気づかずに
利用している分野も多々あるのです。


インターネットの検索エンジンには
早くから
AIが取り入れられてきました。


また、ビッグデータを使うことで
新しいマーケティングの施策を
可能にしてきたのも
AIです。


AIは今までのコンピューターと違い、
問題に対して答えを導き出す
という単純な働きだけを
するのではありません。


AIは自分で膨大なデータから「学習」をして
、新しい答えや解決方法など、
より優れた方法を提示できるのです。


 

従来のコンピューターとAIの違いは?

コンピューターというと、
膨大なデータを取り扱えて、
ものすごいスピードで計算できる
というイメージがあるかもしれません。


AIもまたその意味では、
従来のコンピューターと同じ働きを
することができます。


しかし、
AIはそれだけにとどまりません。


その膨大なデータを自分で処理し、
より正しい判断や優れた判断を
見つけ出すことができるのです。


それにより、AIは
ビジネスの仕組み自体を
根本から変える事が
可能となりました。


AIは、人間の予想もしないような方法や、
今までの常識を覆すような判断
提案してくることがあります。


さらにAIは常に膨大なデータを取り込み、
経験をつんでいくことで、
より進化していく事が可能です。

 

 

具体的なAIの活用事例!

 

それでは、具体的にどんな職業で
AIを利用していくことが
できるのでしょうか。


正直、ほとんど全ての分野で
AIを何らかの形でビジネスに
取り入れることができる
予想されています。


それでも、具体的な
職業や職種をイメージした方が、
より
AIのビジネスへの活用方法を
考えることができるでしょう。

 

【コールセンターでAIを活用!】

AIをビジネスに活用した例としては、
コールセンターがまずあげられます。


大手金融機関のコールセンターでは
複数の会社で
AIを活用しています。


コールセンターにかかってきた
問い合わせの内容を音声データから
瞬時にテキスト化することで、


業務マニュアルやお客様の声を
すぐに反映できる利点があります。


また、質問に対する答えの候補を
すぐに提示できるのも
AIのおかげです。

 

 

【労務管理にAIを活用!】

また、会社の労務管理をAI
任せている会社もあります。


さまざまな社員やスタッフの
データを入力することで、


どの部署のどの社員が
問題を抱えているか、
などの情報を
AIが
はじき出してくれるのです。

 

 

【帳票管理もAIで!】

他にも、AIに帳票管理
させることができます。


保険会社では、契約書のデータを
AIに読み込ませることができます。


手書きの書類でも、
AIが処理することで、
スピーディで正確に処理ができるのです。

 

 

AIタクシーはいまや当たり前!】

テレビや雑誌などでも
良く取り上げられていますが、
AIタクシーというものも盛んに
利用されています。


タクシーに
AIを導入することで、
次にどこの地域を走れば、
お客さんに遭遇する可能性が
高いかということを教えてくれるのです。


AIにより、どの時間帯にどこの地域に
タクシーを必要としている人が
いるかが瞬時に分かるのです。


あるテレビ番組で、ベテランの
ドライバーの経験と勘よりも、


AIを使った新人ドライバーの
方が売り上げが上がる
という結果が出ていました。


AIを使うだけで、現実的に売り上げの
差が出た良い例ではないでしょうか。


他にも、AIをビジネスに使った例を
挙げればきりがありません。

 

 

AIをビジネスに活用するためには!

それでは、なんでもかんでもとにかく
AIを導入すればいいのかというと、
そこまで単純ではありません。


AIが有能で、ビジネスにおいても
すばらしい価値があるということは、
間違いありません。


しかし、使い方をしっかりと考えて
活用しなければ、どんなに有能な
AIでもその効果をしっかりと
売り上げに反映できないからです。


AIの技術はこれからも、
発展を続けていくでしょう。


しかし、その
AIをしっかりと
活用するだけの工夫や考え、
目指す方向性などがなければ、
せっかくの
AIも宝の持ち腐れになりかねません。


AIをビジネスにしっかりと
活用するためには、
AIをつかってどのようなことを
するのかという目的意識が大切です。


自分の会社をうまく回すために
AIを使いたいのか、


顧客のニーズにより
応えたいから
AIを使うのか。


もしくは、新しい商品開発に
AIを利用したいのか、
など目的によって活用できる
AIも違えば、
AIの活用の仕方も変わってくるでしょう。


まずは、どういった目的をもっていて、
その目的を達成するためには
どんな
AIをどのように使えばいいのか


ということをしっかりと
考えることが重要なのです。