仮想通貨についてのニュースが
さまざまなところで取り沙汰されており、
仮想通貨に興味を持っている方も
多いのではないでしょうか?


実際に、インターネットで仮想通貨について
調べてみたという方も多いかと思います。



仮想通貨について調べていると、
「ブロックチェーン」という単語が
目につくことも多いでしょう。


実は、ブロックチェーンというのは
仮想通貨には欠かせない技術になります。


ここでは、そのブロックチェーンについて
詳しくお話ししていきたいと思います。



そもそもブロックチェーンとは?

ブロックチェーンというのは、
ブロックチェーンが生まれてから
今に至るまでのすべての取引を
記録しているものです。



取引データにおける技術といってもいいでしょう。



「ブロックチェーン」という名前には
いかにも由来がありそうな感じがしますが、
実際にきちんとした由来があります。


取引のデータ、つまり取引の履歴を
「トランザクション」と呼ぶのですが、
このトランザクションを複数まとめたものを
「ブロック」と呼びます。



もっとざっくりと言ってしまうと、
一定期間の取引の履歴を
ひとつのブロックを見なすのです。



このブロックを連なるように保存された状態を
「ブロックチェーン」と呼ぶのです。



ブロックがチェーンのように
連なっていると考えてもいいですし、
ブロックをチェーンでつなぐと
考えてもいいでしょう。



複数の書類をホッチキスでまとめるような感覚です。



ブロックチェーンの仕組みとは?

ブロックチェーンにおいては、
「分散」というのが
ひとつのキーワードになってきます。


ブロックチェーンというのは、
インターネットが使える状況にあれば
誰でも利用することができます。


そして、そのネットワークの参加者全員によって
ブロックチェーンというものが支えられています。



参加者同士が管理し合っていると言ってもいいでしょう。



簡単に言うと、
参加者のパソコンのパワーを分け合って
ブロックチェーンが作られているのです。



より多くのパワーを分けている方には
収入が入りますし、収入が入るからこそ
パソコンのパワーを分けようと思えるのです。



多くの参加者同士で支え合っているからこそ、
1カ所に問題が起こってもブロックチェーンが壊れる
ということはありません。



身近なもので例えるなら、
加入者によって支えられている保険に
似ているかもしれません。



ブロックチェーンと関わりの深いマイニングについて

先ではパソコンのパワーを分け合うことによって
ブロックチェーンが作られており、
より多くのパワーを分けている方には
収入が入るという話をしました。



実は、これには「マイニング」
というものが深く関わってきます。



取引データや取引履歴をトランザクションと
呼ぶことについては先でもお話ししましたが、
「いつどこからどこに送金があったのか」
という内容が記録され、

これを複数まとめたものがブロックになります。



このデータ自体は誰でも確認できるようになっています。



しかしながら、具体的な取引内容については
「ハッシュ関数」というものによって
暗号化されることになります。



ハッシュ関数というのは、
もとになるデータから一定の文字数の
不規則な文字列を作り出します。



一定の文字数の不規則な文字列のことを
「ハッシュ値」と呼びます。



つまり、まったく同じデータであれば
まったく同じハッシュ値が作られることになります。



逆に少しでもデータに違いがあれば、
まったく違ったハッシュ値が作られることに
なります。



ちなみに、作られた文字列から
データを読み取ることはできません。



ブロックには、ハッシュ関数によって
暗号化されたトランザクションと
直前のブロックのハッシュ値が
含まれています。



直前のハッシュ値に関しては「ナンス値」という
特別な数字を見つけ出すことによって、
データの整合性を確認することができます。



そこからブロックがブロックチェーンに新しく追加され、
この一連の流れを「承認」と呼びます。



承認というと簡単に思えるかもしれませんが、
承認のためにはそれこそ想像もつかないような
膨大な計算をすることになります。



この承認作業のことをマイニングと呼ぶのです。




マイニングというのは、
採掘を意味しています。



ちなみに、
不正がおこなわれていないことを証明する
仕組みのことを「proof of work」と呼びます。



こちらは仕事の証明という意味になります。



この承認作業を成功させた方には、
報酬が支払われる仕組みになっているのです。



ブロックチェーンの種類について

ブロックチェーンには大きくわけると
ふたつの種類があります。


ひとつはパブリックチェーン
もうひとつはプライベートチェーンと呼ばれています。



パブリックチェーンというのは、
パブリック型とも呼ばれています。


通常、複数の人が集まって何かをするとなった場合には
その中で自然とリーダー的な立場の方が出てくるものです。




しかしながら、パブリックチェーンにおいては
参加者の誰もが特別な立場にはなりません。



言ってしまえば、みんな仲良く横並び
といった感じです。



不特定多数の誰でも自由に参加することができますし、
先でご説明したマイニングにも参加することができます。



仮想通貨のビットコインが
このパブリックチェーンの代表例になります。



プライベートチェーンは、
プライベート型とも呼ばれています。


プライベートチェーンの場合には、
管理者というものが存在します。



言ってしまえば、
集団の中にリーダー的な立ち位置の方が
いるのです。



マイニングをおこなう場合には、
管理者が許可をしてコントロールすることが
できます。




そのため、金融システムの管理などに
向いていると言えるでしょう。



ブロックチェーンのメリットとは?

ブロックチェーンが使われているということは、
ブロックチェーンに使うだけのメリットがある
ということでもあります。




具体的にブロックチェーンで
どのようなメリットが得られるのか
についても触れていきましょう。




メリットとしてまず挙げられるのは、
権力が一カ所に集中してしまうのを
防ぐことができます。


どこか一カ所に管理を任せてしまうと、
管理を任せたところが
実質的に権力を握ることになります。



独裁的にコントロールされてしまうリスクも出てきます。



しかしながら、ブロックチェーンであれば
権力を分散するような形になりますので、
権力が一カ所に集中することもありませんし、
独裁的にコントロールされることもありません。



また、管理を一カ所に任せてしまうと、
そこがダウンしてしまったときに
すべてがダメになってしまいます。




ブロックチェーンであれば
最初から分散されているので、
仮に一カ所がダメになっても問題はありません。




もうひとつメリットとして挙げられるのは、
データの改ざんができなくなるという部分です。



先でもお話ししましたが、
ブロックチェーンでは
データが暗号化される
ことになります。




暗号からデータを読み解くということは
基本的にできませんし、
仮に改ざんされてもすぐに整合性の確認が
できなくなります。



データの改ざんを防ぐことの重要性というのは、
今の時代であれば誰もが痛感していることかと
思います。



ブロックチェーンは
こういった面でも強みを持っているのです。



あとは、コストを抑えられるという部分も
ブロックチェーンのメリットになってくるでしょう。



例えば、最近では海外への送金といったものを
当たり前におこなっている方も多いかと思います。


海外への送金に限ったことではないのですが、
送金する際には金融機関を挟むことによって
結構な手数料がとられることになります。




しかも、
送金のたびに毎回取られることになりますので、
頻繁に送金すればするほど手数料で
どんどん持っていかれるのです。



しかしながら、
ブロックチェーンであれば
ユーザー同士で直接的な送金が可能になります。



手数料の節約、コストダウンにもつながってくるのです。



ブロックチェーンのこれから

ブロックチェーンは仮想通貨のために
生まれたシステムといっても過言ではありません。



しかしながら、ブロックチェーンというのは
仮想通貨以外の部分でも役立つであろうと
言われています。




例えば、最近では食品や自動車などの製品において
データの改ざんというものがよくおこなわれており、
それが発覚するたびにニュースで大きく取り上げられる
ことになります。




ブロックチェーンであればデータの改ざんというのは
不可能になりますので、食品や自動車などの分野に
ブロックチェーンを取り入れることができれば、
より安全性の高いもののみを流通させることができるでしょう。



食品に関しては食品ロスといったものも
取り上げられています。




生産や流通というのは
それぞれ別々のシステムを利用していますが、

ブロックチェーンによって統合できれば
それまでバラバラだったものをひとつの
まとまりとして把握できるようになりますので、

食品ロスにも役立つのではないかと
言われています。



もうひとつ注目されていることとしては、
著作権の保護です。



音楽にしても漫画にしても著作権の侵害というものが
問題になっていますが、ブロックチェーンによって
こういった問題も解消できるのではないかと
言われています。


ブロックチェーンがもっと浸透するようになれば、
今問題となっていることの多くが解消される
可能性があるのです。



最後までお読みいただきありがとうございます。