斬新なシステム、運営目的の仮想通貨は数多くありますが、今回紹介する仮想通貨“ファクトム”は、多くの分野において革命を起こすかもしれないと言われています。
ブロックチェーンの仕組みを活かしながら独自の強みを発揮する仮想通貨ファクトムは、企業からの注目度も高いです。

どんな仮想通貨なのか確認してみましょう。

仮想通貨ファクトムはどんなコインなのか?

仮想通貨ファクトムは、2015年にリリースされたプラットフォーム系仮想通貨です。
ブロックチェーン上にさまざまな電子記録を保存できる仮想通貨として、多くの業界から注目を集めています。

ブロックチェーンの長所は何と言っても、トランザクションの改ざんが不可能なところ、そして保存されるデータの匿名性が高いところです。
仮想通貨ファクトムはその長所を効率的に利用し、重要な書類のデータを残しながらも、ブロックチェーンの特性上、プラットフォーム単独で証明することができます。

したがって第三者へ情報が流出する危険性が極めて少なく、個人情報における体制が厳格化されつつある近年、非常に需要があるプラットフォームだと言えます。

仮想通貨ファクトムが多くの分野で革命を起こすって本当?

仮想通貨ファクトムにおいて、注目されている2つのプロジェクトがあります。

まず1つ目が、“ファクトムハーモニー”と呼ばれるプロジェクトです。
このプロジェクトは、アメリカにおいて非常に市場規模が大きい分野である住宅ローンに仮想通貨ファクトムを導入することで、システムの簡略化・セキュリティ性の強化を図ろうとするプロジェクトです。
住宅ローンの契約には、複数の人物や企業が関与し、複数の契約書が必要になります。
また住宅ローンは市場規模が大きいため、各顧客の複数の契約書やそれに関する書類を物理的に管理するのは、紛失や改ざんなどのリスクが高いと懸念されてきました。

仮想通貨ファクトムを導入することで、書類の紛失や改ざんのリスクは限りなくゼロに近づくことになり、保管の手間や労力も軽減されることになります。

そして注目されているもう1つのプロジェクトには、“DLoC”があります。
ファクトムハーモニーが住宅ローンという分野で革命を起こすかもしれないプロジェクトならば、このDLoCは医療という分野で革命を起こすかもしれないプロジェクトです。

これまで紙で保存されていた患者の情報を、DLoCステッカーと呼ばれる電子ステッカーに記録します。
ブロックチェーンを利用して情報を管理するDLoCステッカーは、データを書き換えられる心配がなく、安全な状態で患者の情報を管理します。

またDLoCの特徴は、堅牢なセキュリティ性だけではありません。
DLoCステッカーが広く医療業界で浸透することになれば、初診の病院であっても、自身の情報を提供することなく、スムーズに診察や治療に移れるようになります。

仮想通貨ファクトムの唯一不安な点

仮想通貨ファクトムはさまざまな分野で革命を起こすかもしれないプラットフォームですが、1つだけ不安な点があります。
それは、一般的な仮想通貨とは違って“中央集権的”だということです。

管理する組織や団体がいない“非中央集権的”というのが仮想通貨の大きな特徴でもありますが、仮想通貨ファクトムにはファクトム社という管理組織が存在します。

したがっていくらセキュリティ性が高いと言っても、管理組織に不正があったり、管理組織が運営不可能になったりしてしまうと、仮想通貨ファクトムの歩みもストップしてしまうことになります。

まとめ

仮想通貨ファクトムは間違いなく、多くの分野で革命を起こすポテンシャルを秘めた仮想通貨だと言えます。
まだ実用化には至っていませんが、今回紹介したプロジェクト以外にも、まだまだ活躍の場が広がりそうなところも大きな魅力です。

日本国内には仮想通貨ファクトムを普及させるための団体も存在するため、日本での知名度が上がる日も近いでしょう。