ビットコインを代表とする仮想通貨ですが、暗号通貨という呼び方もあり、どちらかといえばこちらの方が正しい呼び方です。
暗号通貨はそれぞれに特徴がありますが、多くの暗号通貨に共通する特徴といえばなんでしょうか?

暗号通貨は公的に管理されていないという特徴がある

円やドル、ユーロなどの法定通貨は、それぞれの国や中央銀行が管理して発行しています。
発行数や流通量なども管理していて、政策に応じて流通量などが変動しており、通貨の価値自体は発行している国や銀行が保証しています。
しかし暗号通貨は、公的な機関による管理がされていません。
発行量などはほとんどの場合最初から決められており、価値についてはその暗号通貨の需要と供給に応じて決定されるという特徴があります。

つまり、欲しいという人が多ければその暗号通貨の価値は高くなり、手放したい人が増えれば価値が下がるという特徴があります。

暗号通貨は、そのプロジェクトによって用途が定められています。
プロジェクト内で使われる暗号通貨の場合は、プロジェクトが魅力的であれば価値が高まり、プロジェクトに興味がない場合は価値が下がります。
それとは別に、便利な暗号通貨の場合は価値が高くなるという特徴もあります。

たとえばビットコインの場合、異なる国に住む人の間であっても決済に便利なので、有用性が高いと判断されています。

アメリカと日本の間であっても、1BTCは1BTCなので、円からドルに両替する必要性などがないのです。
これは暗号通貨全体に見られる特徴です。

暗号通貨は国際送金に便利なのが特徴

暗号通貨には、国際送金が便利という特徴もあります。
銀行から国際送金をする場合、送金先の法定通貨に両替されて送金されることとなり、また送金先によっては複数の銀行を経由して送金手続きが行われます。

そうなるとそれぞれの銀行で送金手数料がかかり、また現地通貨へと両替する両替手数料も発生します。

銀行の処理もあって、国際送金にはかなりの時間がかかり、手数料も総額にするとかなり高額となります。
しかし、暗号通貨の場合はインターネット上で処理が完了し、どの国にも簡単に送ることができるので、格安の手数料ですぐに送ることができます。

この仕組みに注目したリップルは、国際送金に特化した暗号通貨として各国の銀行で利用されることが考えられており、また銀行によっては独自の暗号通貨によるネットワークを構築しようと考えています。

リップルは大規模な送金に向いていますが、個人間の送金についてはどの暗号通貨であっても問題なくできるというのが特徴です。

暗号通貨の多くは非中央集権

法定通貨は、国や銀行が管理しているということを先ほど述べました。
つまり、法定通貨には明確な管理者がいるので、中央集権的な通貨となっています。
しかし暗号通貨の場合は、その多くが明確な管理者のいない、非中央集権型の通貨であるのが特徴です。

たとえばビットコインの場合は、マイニングによって取引記録が承認されます。
マイニングによって取引の正当性が認められ、正常に流通していると判断されるのです。
中には暗号通貨を発行しているプロジェクトがそのまま管理している場合もありますが、ほとんどは最初に新規発行のルールなどを定めておき、あとはネットワーク参加者がその正常な流通を維持しています。

非中央集権の管理がされている暗号通貨は、価格の操作をするのが困難という特徴があります。

いくら価値が下がっても意図的に上げるのが難しいため、完全に民意によって価格が決められると思っていいでしょう。
そのことで、暗号通貨の公平性を維持できているという特徴も持ち合わせています。

まとめ

暗号通貨は、国などの保証がない代わりにしがらみも少ないという特徴があるので、国という垣根を超えて送金する場合などには非常に便利です。
また、中央管理者が存在しない場合が多いので、暗号通貨の価値はほぼ需要と供給のバランスによって変動しています。

そのため、暗号通貨はいきなり数倍の価格になる場合もあれば、いきなり無価値となる可能性もある、という不安定な特徴もあります。
暗号通貨に投資する場合は、よく考えてから投資しましょう。