なにかと話題になっている


仮想通貨ですが、


なんとなく言葉は知っていても
その意味を正しく理解できていない人も
多いのではないでしょうか。


今後日本の大手企業も
参入すると言われていますので
この機会に一度見直してみましょう。

 

ビットコインの特徴

仮想通貨の取引量でも
不動の1位を維持し続けているのが


ビットコイン
です。


ビットコインには
さまざまなメリットがあります。


ビットコインは
インターネットの中だけに限らず


ビットコインを導入している店舗であれば、


どこでも実際のお金のように
使うことができます



目印となるビットコインのマークがありますので、
確認してみてくださいね。

またビットコインの場合海外への送金が
たったの10分程度の短時間で完了でき、

 


しかも送金コストが格安で
送金できる
のです。


今までは海外へお金を送金するとなると


高額な手数料とともに、
最大で10日前後の日数がかかってしまい、


あまりに現実的ではありませんでした。

 

ビットコインの場合
管理する団体が存在しません。


そのため人件費がかからないので、
中間のマージンを取られることなく
格安価格で送金ができるようになるのです。


他にもビットコインは
需要と供給によって値動きするものなので、


ビットコインを利用する人が
増えれば増えるほど
その貨幣としての価値が上がります


ビットコインの埋蔵量は最大で
2100万BTCと決まっており、
これ以上発行数が増えることはありません。


日本だけに留まらず
万国共通であることから資産運用として
ビットコインを所持
する人たちが
増えているのです。


国の情勢が不安定であること
戦争など貨幣を持っていても
その価値が下がるのでは?

と予想される時にこそ、
ビットコインは大幅な値上がりをします。

もちろんビットコインは形のない通貨ですので、
今後もその価値は伸びると予想できますが、

正しく安全に取引する為にも
取引所や取引方法をしっかりと選び
自己責任であることは忘れてはいけません。

 

 

イーサリアムの特徴

ビットコインの次に続く仮想通貨としての
取引量の多い通貨です。

日本の取引所でもさまざまなところで
イーサリアムを見かけますよね。

分散型アプリ形成プラットフォーム
実現の為に誰でも参加できる
プラットフォームとして誕生しました。


プラットフォームとは

中央管理者が存在しないアプリのことをいい、


自律的に動作して、
ブロックチェーンがデータを管理すること
仕様の変更はユーザーの合意のもと
行われるものとされています。


イーサリアムは取引を人の手を介さず自動で
実行させる仕組みを取り入れています。


これをスマートコントラクトといいます。


このスマートコントラクトを実行する為に
独自通貨であるイーサを発行しているのです。


実はイーサリアムは
投資用の商品として
発売されているのではなく、


燃料としての役割を
果たしている通貨
になるのです。


 

ビットコインとイーサリアムの違い

ではビットコインとイーサリアムに


それぞれどんな違いがあるのか



気になりますよね。


まず大きく違うのはその仮想通貨が
誕生した理由でしょう。


ビットコインは世界中で通貨として
使用される為の役割があり、



イーサリアムは分散型アプリケーションの
プラットフォームとして誕生したものです。


どちらにも共通していることは
ブロックチェーンの技術を
いていることでもあります。


そのためどちらも特定の
管理者がいない状態でも
この仕組を運用できるようにできています。


技術的な面を比較しても
実は大きな違いがあります。


例えばブロックチェーンに書き込める
情報量で見るとビットコインの場合は


取引の書き込み


をメインとした使い方になりますが、


イーサリアムはその記録はもちろんのこと、
プログラムの書き込みもできるようになっています。


またマイニングの方法にしても
プルーフ・オブ・ワーク」という方式を
採用しているのですが、



イーサリアムは
プルーフ・オブ・ステーク」への変更が決まっています。


またビットコインについては発行上限が
2,100万BTCと決められていますが、
イーサリアムはその上限が決められていません。


このように一言で仮想通貨といっても
その通貨の種類によってもともとの
目的や技術面・運用方法などに大きな違いがあります。


仮想通貨の取引量幅が特に大きなビットコインと
イーサリアムだけを比較してもこれだけの違いが
あるのですから、明確ですよね。

 

 

ハードフォークについて

このビットコインやイーサリアムで度々
話題になる単語があります。


その名もハードフォークです。


ちなみにソフトフォークもあります。


これは今までのルールを変更する
という意味を持ちます。


名前の語源は食事の時に使う
フォークから来ているそうです。

 


2017年仮想通貨元年とも言われた年は
このハードフォークがさまざまな仮想通貨でも
行われた年でもありました。


そのたびに【分裂】なんて単語を使っていたので、
ハードウォークは分裂することだと思っている人も
いるのではないでしょうか。


ハードウォークはこのブロック以降から
変更しようという大幅な変更になりますので、
旧ブロックは消さずにそのまま残してしまうので
2つのブロックが誕生してしまいます。


ハードフォークは分岐した後により強い
ハッシュパワーが支持するブロックチェーンに
収束してしまうこともあり、


そのバランスが取れなくなって
しまうこともあります


また不正アクセスの原因となったり
仮想通貨本来の信用性に問題が
出てしまうこともあります。


簡単にデータを操作できるなら仮想通貨
としての価値も急に変わることがあるのでは?
と思ってしまうのです。

 

 

なぜハードフォークするのか


ハードフォークは取引量に対して


手一杯の時に行われます。


例えばビットコインはブロックと呼ばれる
取引データを処理していますが、
1MBの大きさのデータが入っていて
10分に1回処理されるようにできています。


取引量が増えてくるとその処理に
時間がかかるようになり、
送金が詰まってしまうなどのトラブル
起きてしまいます。


送金しても相手にお金が届かなければ
意味がありません。


より効率のいいブロックを作ることを
目的にハードフォークは行われているのです。


ただしハードフォークには賛否両論があり
取引量の大きな仮想通貨以外では
この方法を取らない方がいいのでは?
と言われています。


今回は仮想通貨の
ビットコインとイーサリアムについて、
さらに昨年話題になった
ハードフォークを説明しました。


まずは基本となる考え方を理解して
仮想通貨についてもっと理解を深めていきましょう。