いまやネット・テレビ問わず
すべてのメディアがその話題を
常に取り上げるくらい、


AI(人工知能)研究は
隆盛を極めています。



とくにそれが顕著なのが医療分野で、
より的確な治療・診断が期待され、
また医療従事者の負担を
軽くすることが期待されています。


ですが、一般の方々にとっては
具体的には医療にどのようにAIが
応用されているのか
ピンとこないかもしれません。


以下で、現在の医療分野でのAIの応用例、
またその応用可能性について
例を見ていきましょう。

 

 

医療分野でのAI:①診断

まず挙げられるのは、AIによる診断です。


2015年、IBMの開発したAIのワトソン」が、
膨大な量の医学論文を学習し、


医師でも見抜けなかったガン患者の
ガンを正しく診断できた、
というニュースが出ました。


また、すでに現在、いくつかの
病院の放射線科においては、


CAD(Computer aided detection/diagnosis、
コンピュータを用いて診断する技術)を導入し、
医師の負担の軽減をはかっています。


このように、病気を診断するAIの開発は
現在ホットな領域です。


今後も疾患に関するデータの蓄積に伴い、
さらなる進歩が見込まれます。

 

 

医療分野でのAI:②新薬開発の効率化

新薬開発とは、とてつもなく
長く困難な道のりです。


具体的には、数十万種類の
候補物質が、多くの試験を通って
薬事承認・製造・販売が許可され、


さらに販売後に有害作用の報告が
あったか否かなどが
厳しくチェックされます。


これだけの困難なプロセスがあるため、
一般に200億円以上のお金と
10年以上の
歳月新薬開発に
必要だと言われます。


こうした創薬の過程にAIを用い、
開発の負担を減らそうとする
試みがあります。


これには「ビッグデータ」という、
AIとセットにされることの
多いものが関係します。


具体的には、製薬会社の持つ
化合物のビッグデータの中から、


目的の効果を持つと期待される物質を
AIが解析・選別することで、
新薬開発の助けとするという試みです。

 

 

医療分野でのAI:③脳とつながる機械・医療用ロボット

BMI(Brain Machine Interface)という、
体に麻痺のある患者さんが
運動を行う際に発生する脳波を
コンピュータが分析・学習し、


麻痺のある部位を動かそうとする
脳の活動を読み取って


その麻痺した部分を機械によって
動かそうとする技術の
研究も行われています。


上記のような、脳波と身体の
動きがつながるために、
ディープラーニング(深層学習)
呼ばれるAIの動作原理が用いられます。


またこれとは別に、体に装着して
歩行や作業を助ける機械のスーツも
開発されています。


日本ではサイバーダイン社の
開発したロボットスーツ「HAL」が
薬事承認されており、
介護・福祉の現場でも応用されています。


こんなSFのような話も、
現実のものとなりつつあります。

 

 

医療と「AI脅威論」―「弱いAI」と「強いAI」

以上のように、医学研究や
医療現場においてAIは
幅広く応用されており、
その可能性は無限大です。


しかし、このようなAIの発達を考えたとき、
人間の仕事が奪われることを危惧する
AI脅威論」が論じられるのも常。


医療現場においても
それは同様のことでしょう。


これまで見てきたAIとは、
ある限定された仕事を人間よりも
はるかに速く効率的に行うことができる
弱いAI」と呼ばれるものです。


たとえば医療用画像分析AIは
人間より速く正確にレントゲン写真や
MRI画像などを解析できますが、
それ以外のことは一切できません。


一方で、「ドラえもん」や「鉄腕アトム」のように、
人間のように様々なことができかつ


コミュニケーションにも優れているような
AIは「強いAI」と呼ばれており、
これは未だ実例もないようです。


「弱いAI」とは、これまでになかった
便利な道具ということができます。


また、人間の周りには現在でも
様々な機器があり、それらを使って
我々は仕事を効率的にこなしています。


つまり、発展するのが上記のような
「弱いAI」だけである限り、
AIを操作するのは常に人で
ありつづけることでしょう。


「弱いAI」しか発展しない限りは、
人間の仕事はなくならず、
むしろ楽にしてくれる便利な道具となる、
と予想されます。


では、もしも「強いAI」が登場したら、
今度こそ人間は医療職を
すべて奪われるのか?


おそらくその答えは「ノー」です。


医療行為には、コミュニケーションによる
心の緩和ケアも含まれます。


身体的・社会的な要因が複雑に
絡み合う人間の心の問題は、
人の身体を持たず、


人として生きた経験のないならば、
どんなに賢いAIでも理解は
できないことでしょう。


やはり、人を理解できるのは
人だけなのです。


AIは人として生きることができない。


この事実は医療界のみならず、
すべての業種におけるAI脅威論に対して
答えを出すための一つのヒントに
なりうるのではないでしょうか。