暗号通貨には、銘柄ごとに誕生した目的があるということを知っていますか?

一括りにされることが多い暗号通貨ですが、1つ1つが誕生した目的を知っておけば、その通貨にどんな強みがあるのかもわかるでしょう。

暗号通貨が誕生した目的①ビットコイン

まずは、暗号通貨の代表格であるビットコインです。
ビットコインは、円やドルなど“法定通貨”が抱える問題を解決することを目的に誕生しました。
法定通貨が抱える問題とは、主に“中央集権的”という問題です。

ビットコインは“非中央集権的”なシステムを作ることによって、法定通貨では実現できなかった安全でスピーディーな送金を可能にしています。

今や“暗号通貨=非中央集権的”というイメージですが、そのイメージを普及されるきっかけとなったのはビットコインなのです。

暗号通貨が誕生した目的②イーサリアム

イーサリアムは、ビットコインのブロックチェーンを活用し、”契約の自動化“の実現を目的に誕生した暗号通貨です。
ビットコインのブロックチェーンに保存されるデータは、ビットコインの“取引履歴”のみでした。
イーサリアムに採用されている“スマートコントラクト”では、取引が行われると契約も自動で保存されるような仕組みになっています。

“1ETHを送金した”というデータだけでなく、“1ETHを送金したら、○○(商品名)が手に入る”というように、契約内容もブロックチェーンに記録されるのです。

つまりビットコインが“新しい通貨”として誕生したものであるのに対し、イーサリアムは“プラットフォーム”として誕生したものなのです。

暗号通貨が誕生した目的③リップル

リップルは、“送金システム”としての役割を果たすために誕生した暗号通貨です。
リップルを利用すれば銀行間での送受金がスピーディーになり、なおかつ手数料も安価です。

つまりリップルは、正確には暗号通貨の名前ではなく、“銀行システム”の総称を指す言葉なのです。
Googleなどの大企業もリップルに出資しており、これから国際送金などにおいて利用されるシーンが増えると言われています。

企業や金融機関から大きな注目を集めているという点では、ビットコインよりはイーサリアムに近いかもしれません。

暗号通貨が誕生した目的④ネム

ネムが誕生した目的は、普及させることによって新しい経済運動を促進させることです。
そもそもネム(NEM)という名前は、“New Economy Movement(新しい経済運動)”の頭文字を取って命名されました。

またリップルと同じように、実はネムは暗号通貨の名前ではありません。
新しい経済活動を促進させるためのプラットフォームを“ネム”と言い、ネム内で発行される暗号通貨のことを“XEM(ゼム)”と言います。

ネムはコミュニティの規模が大きい暗号通貨として有名で、プラットフォームとして誕生したものの、通貨として機能するシーンも多いです。

ネムが利用できる専用のショッピングサイトが開設されていたり、クラウドファンディングで利用できたりと、ネムの目的である“新しい経済活動の促進”が徐々に実現されつつあると言えます。

まとめ

今回は主要な暗号通貨が誕生した目的を解説しましたが、いかがだったでしょうか?
“誕生した目的を知れば、その通貨の強みが分かる”ということを、なんとなく理解して頂けたかと思います。
つまり新しい法定通貨として誕生したビットコインは“決済方法”としての強みがあり、イーサリアムには“プラットフォーム”としての強みがあるのです。

ただ誕生した目的が違っても、暗号通貨の価格に最も影響を与える要素は同じです。
それが“知名度”です。

暗号通貨にはそれぞれ誕生した目的がありますが、知名度を獲得しないことにはなかなか価値も上がらず、目的を果たすことができません。

マイナーコインにも魅力的な目的を持って誕生した銘柄はたくさんありますが、知名度がないことによって伸び悩んでいるケースも多いのです。