暗号通貨を取引する方にとって、これから伸びると予想される銘柄は非常に気になるでしょう。
暗号通貨業界には、これから伸びることが予想される銘柄が数多くありますが、あまりに数が多すぎてなかなか絞るのが難しいです。

どの銘柄を取引しようか悩んでいる方は、今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。

暗号通貨の中で今後伸びると言われる銘柄①リスク

リスクは2016年にリリースされた暗号通貨で、時価総額ランキングでもトップ20に入っています。
現時点でも非常に人気のコインではありますが、これからもっと利用される場面が増えると予想されています。

リスクには“Java Script”という比較的使いこなせる方が多い言語が採用されています。

したがって開発のハードルが低く、企業が取り入れやすいというメリットがあります。

またリスク最大の特徴である“サイドチェーン”を利用することで、開発がさらに柔軟なものになります。
イーサリアムが大きな注目を浴びている昨今、“上位互換”のように捉えられることも多くなったリスクは、これからも価格を上昇させていくでしょう。

そしてリスクは開発チームの動きやマーケティングが盛んなため、知名度もどんどん上昇していくことが予想されます。

暗号通貨の中で今後伸びると言われる銘柄②ライトコイン

暗号通貨の中で今後伸びると言われる銘柄には、歴史が長いコインも含まれています。
その1つがライトコインです。
ライトコインがリリースされたのは今から7年前の2011年で、ビットコインに次ぐ長い歴史を持つコインです。
いわゆる“アルトコイン”の元祖です。

数あるアルトコインの中でも、ライトコインはビットコインとほとんど違いがありません。
したがって、ビットコインの価格の影響を大きく受けるのです。

ビットコインの価格が上昇すれば、ライトコインの価格も上昇しやすくなります。

ビットコインは言わずと知れた暗号通貨の代表格であり、これからも少しずつ伸びることが予想されています。
つまり、必然的にライトコインも今後伸びることが期待できるというわけです。

それプラス、ライトコインのポジティブなニュースなどが発表された場合、さらに価格は上昇するでしょう。

暗号通貨の中で今後伸びると言われる銘柄③ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュもライトコイン同様、アルトコインの代表として知られる暗号通貨です。
ビットコインキャッシュは2017年、ビットコインのハードフォークによって誕生しました。
ビットコインの1つのブロックサイズは1MBですが、ビットコインキャッシュは8倍の8MBです。
つまりビットコインと比較すると、送金スピードが桁違いに早いのです。

リップルなど、ビットコインキャッシュよりも送金スピードが早いコインはありますが、ビットコインキャッシュには“ビットコインのハードフォークから生まれた”という強みがあります。

つまりビットコインが決済方法としてもっと一般的なものになれば、送金スピードに優れているビットコインキャッシュに、多くのユーザーが移行してくることが期待できるのです。
また名前に“ビットコイン”と付いているので、“改良されたビットコイン”だと認識されやすいということも言えるでしょう。

ビットコインキャッシュは現時点で非常に時価総額も高く、ある程度の信頼性も兼ね備えています。
上場している取引所も多いので、ビットコインと合わせて購入しておけば、未来のトレンドを先取りできるかもしれません。

まとめ

冒頭でも話したように、暗号通貨の中にはこれから伸びると予想されるコインが山ほどあります。
ただあまりにも知名度が低いコインは、明確な価格の上昇を見せるまでにある程度の時間がかかります。

やはり現時点である程度の知名度があり、今後その価値が再確認されそうなコインこそ、伸びる暗号通貨と言えるのではないでしょうか。

もし今回紹介した暗号通貨を購入していないという方は、1度チェックしてみてください。