暗号通貨は近年その数を増やし、かなりの勢いで成長しています。
しかし暗号通貨の市場はまだまだ新しいものなので、未来はどうなっていくのかわかりません。
暗号通貨の未来はどうなるのでしょうか?

暗号通貨の未来にプラスとなる材料は?

暗号通貨の未来が明るくなる材料としては、まず現在の市場規模があります。
現在、暗号通貨の市場は20兆円を超えており、一時期は50兆円前後まで拡大していました。
いったんある程度の大きさまで成長した市場というのは、まず消滅することはありません。
むしろ暗号通貨の歴史の浅さを考えると、未来に向けて成長していく途中だと考えられるでしょう。
長期的に見て、暗号通貨市場がさらに成長していくというのはまず間違いないと思います。

また、暗号通貨というのはそれだけで完結している市場ではありません。
暗号通貨を発行して、保険や不動産、銀行などの金融市場を始め、オンラインマーケットやデジタルコンテンツ、著作物など、様々な分野で活用することを想定したプロジェクトがいくつも立ち上がっています。
こうしたプロジェクトでは、主に暗号通貨の取引をブロックチェーンに記録する際、一緒に情報や契約を記録していく事を想定しているものがほとんどです。

つまり、ブロックチェーンに情報を記録するためには暗号通貨の取引が必要となるので、暗号通貨が無くなるような未来であれば、ブロックチェーンの記録も意味がなくなってしまいます。

それを防ぐために、暗号通貨が導入された市場では今後も暗号通貨を利用し続ける未来しか残らないでしょう。
もちろんそのプロジェクトがしっかりと実用化され、その市場に受け入れられることが重要となるのですが、まだ企画の段階から注目している企業も多いため、多くの市場で問題なく受け入れられていくでしょう。

暗号通貨の未来にマイナスとなる材料は?

一方、暗号通貨の未来にはマイナスとなる材料もあります。
その最たるものとしては、最近話題となっている中国の規制問題でしょう。
元々中国は、ビットコインのマイニングを行うマイニング企業がいくつもあり、暗号通貨の市場を支えていました。

また、中国からスタートする暗号通貨のプロジェクトも多く、ICOも盛んに行われていました。
暗号通貨の取引所も中国に居を構えているところが多く、中国は暗号通貨の市場にとって軽んじることができない存在といえます。
しかし、中国政府によってビットコインの取引が禁止されたり、マイニング企業に対する締め付けがされたりと、中国政府は暗号通貨を規制する動きを強めてきました。

さらに、最近では中国国内での暗号通貨取引を全面禁止としたのです。
中国の暗号通貨に対する規制が発表されると、暗号通貨市場全体で未来を悲観視してか大暴落が起こっています。
こうした規制により、マイニング企業は拠点を別の国に移していき、取引所も中国から脱して別の国で取り扱いを行うようになりました。

なぜ、中国では暗号通貨に対して厳しい姿勢を見せているのでしょうか?
その理由については、中国の人民元がこれ以上海外へと流出しないようにするため、という説や、中国政府が独自の暗号通貨を発行するための下準備という説などが、まことしやかにささやかれています。

中には、中国発のプロジェクトによるICO詐欺があまりに多いため、という説もあります。
中国以外でも、いくつかの国で暗号通貨の取引を禁止する動きはあります。
しかし、やはり中国という市場の大きさは無視できないため、規制が緩和されることを願ってやまないことでしょう。

もしも中国の規制が緩和されない場合は、今後日本が暗号通貨市場を牽引していく事となるかも知れません。

まとめ

暗号通貨の未来には、プラスとなる材料もあればマイナスとなる材料もあります。
今後、暗号通貨の市場がどのような未来を迎えるのかは新たな動きを見ながらでなければわかりません。

しかし、暗号通貨市場そのものがなくなることだけはないでしょう。