暗号通貨“テザー(Tether)”は、2018年9月現在、時価総額ランキング第8位に付けている人気のコインです。
ただ暗号通貨テザーには怪しい噂が飛び交っており、今後を不安視する専門家やユーザーも多いと言われています。

テザーの概要と怪しい噂、そしてテザーの今後について解説します。

暗号通貨“テザー”の概要

テザーは、他の暗号通貨にはあまり見られない独自の特徴を持っています。
法定通貨と連動して価格が変動する仕組みになっているため、常に価格を安定させることができます。
このような暗号通貨を“ステーブルコイン”、または“ペッグコイン”と言い、テザーはその1種として知られています。

テザーは法定通貨の中でも、世界の基軸通貨として知られる米ドルと連動しています。
テザーの略称(USDT)にも、米ドルを意味する“USD”が含まれています。
常に安定した価格で取引ができ、なおかつブロックチェーンを利用することで法定通貨にはない利便性を生み出しています。

“法定通貨がデジタル化されている”と認識すれば、暗号通貨というイメージに1番ぴったりのコインと言えるかもしれません。

暗号通貨テザーの今後に影響する怪しい噂って?

暗号通貨テザーの概要だけ見ると、非常に今後が期待できそうなコインのように感じます。
ではテザーの怪しい噂とは、一体何なのでしょうか?

テザーは暗号通貨の1種ではありますが、暗号通貨最大の特徴である“非中央集権的”な管理がされていません。
テザーには“Tether Limited”という管理組織が存在しているため、現状では中央集権的な暗号通貨です。
1USTDを購入する場合、Tether Limitedが提供している口座に1ドルを入金すると、1USDTが発行されます。

このようなシステムをとることで、テザーは常に米ドルと同じ量だけ存在することになります。

ただ近年、“テザーは米ドルと同じ量を発行していないのでは?”という怪しい噂が立ちました。
暗号通貨のカンファレンスにおいて、Tether Limitedはテザーと同じ量の米ドルが存在していることの証明を拒否したのです。

したがって、現時点では本当にテザーと米ドルの量が同じかどうかわかっていないということです。

この対応が原因で、暗号通貨テザーには“価格操作されているのではないか”という噂が立ち、今後を不安視する専門家、ユーザーが増加してしまいました。

暗号通貨テザーは今後どうなっていくのか?

暗号通貨テザーには怪しい噂が立っていますが、今後は一体どうなっていくのでしょうか?
暗号通貨テザーは、現時点で先ほど解説した疑惑を晴らしておらず、今後に関しては決して明るいとは言えません。

Tether Limitedが米ドルの保有を証明できない限り、暗号通貨テザーは今後米ドルと価格を連動し続けると保証することもできません。
つまり安定した価格で取引できる暗号通貨であり続けるかどうかは、まったくもって不透明な状況です。
またテザーはbitfinexという大手取引所によって発行されているため、信頼性を重要視しているユーザーも多く、現状は決して芳しくないでしょう。

しかし暗号通貨テザーは、数多く存在する暗号通貨の中で時価総額トップ10入りを果たしているため、ユーザーは非常に多く今後に期待できる面もあります。
ただ、もちろんテザーに何かしらの不正が発覚した場合、一気にユーザーが離れてしまうことも考えられます。

そういった点も含めて、暗号通貨テザーの今後には少し不透明な部分、危険な部分が潜んでいると言えるでしょう。

まとめ

暗号通貨テザーの怪しい噂、今後に関して触れてきましたが、いかがだったでしょうか?

テザーに関する怪しい噂はあくまで噂のため、取引してはいけないほど危険というわけではありません。
多くのユーザーに支持されているからこそ、テザーは現在の地位まで上り詰めたのです。

ただ現時点では、活発に取引するというよりも、様子を見ながら少量を取引していくのが賢明だと言えるでしょう。