現在、IoT技術には大きな注目が集まっています。

どんどんと発展しているIoT市場ですが、その動向はどのようになっているでしょうか?
また、これからIoT市場に携わる場合、どういったことに気を付けるべきでしょう?

IoT市場の動向は?

IoTというのは、モノのインターネットと呼ばれている技術であり、家電や車など様々なモノをインターネットにつないでネットワークを構築するためのものです。
このIoTを活用する市場の動向は、現在大きな発展を見せています。

2015年には、すでに世界全体で6,000億ドル規模まで成長していたIoT市場は、総務省の予測によれば2020年にはその2倍の規模まで拡大するといわれています。
それに伴って、IoT技術に関連した特許出願件数も増加の動向を見せていて、今後もますます増えていくでしょう。

なぜIoT市場がこれほどまでの急成長をしているのかといえば、その背景にはスマートフォンやクラウドサービスなどの通信サービスが広く普及している点があります。
現在のスマートフォンでも、周囲の状況に応じて様々なサービスを提供するアプリは数多く存在します。
また、クラウドサービスが身近なものとなったことで、ビッグデータの保管や分析についても高度な処理が可能となってきました。

さらに、IoTでは必須ともいえるセンサーや通信機器が小型化したことで、より多くの機器にIoTを組み込むことができるようになっています。
現在のIoT市場の動向は、大手企業だけではなく中小企業や工場など、幅広い規模の企業で分野を問わずに活用方法が考えられています。

特にIoT技術が目立っているのは自動運転自動車や家電製品などですが、医療の分野においても積極的にIoTを活用しようとする動向がみられます。

IoT市場のこれからの動向

IoT市場のこれまでの動向を踏まえたうえで、これからのIoT市場の動向についても予測してみましょう。
現在IoT分野で特に目立った動向を見せているのが、AIとの連携です。
IoTでは大量のデータを収集することになるのですが、その分析や対応などを人間が行うのは難しいでしょう。

しかし、AIにビッグデータの分析を任せることができれば、かかる時間などはかなり短縮できるようになります。
AIの場合、その分析したデータを活かして自己の能力を強化することもできるため、AI自体もさらに進歩していくこととなり、より精度の高い分析も可能となるでしょう。

現在は、IoTの発展に伴ってネットワーク市場においても回線の高速化の動向がみられています。
現在のスマートフォン回線は4GLTEが主流ですが、2020年頃にはさらに速度を増した5G回線が普及すると見込まれています。

そうなると、IoTで利用されるビッグデータの送受信についても短時間で行えるようになり、レスポンスもより高速になっていくでしょう。
IoT市場の発展には、クラウドサービスなどビッグデータを扱える市場の動向も無視することはできません。

IoT市場が発展していくにつれ、クラウドサービス市場も拡大していくことになります。
その2つの市場が両輪となって、様々な分野で発展を遂げていくこととなるでしょう。

まとめ

現在、IoT市場は大きく発展していく動向を見せています。
その背景には、スマートフォンやクラウドサービスの普及があり、それぞれに影響しあいながら発展していくこととなるでしょう。
また、IoTの発展にはAIの進歩に関する動向も大きく関わることとなります。
IoTで収集した情報は膨大なため、ビッグデータとして扱われますが、その分析や対応にはAIの活用も不可欠となるでしょう。

今後、スマートフォン回線の高速化やクラウドサービス市場の拡大に伴って、IoT市場も拡大する動向がみられると考えられています。
様々な分野で活用されていくIoT技術に注目していきましょう。