近年目覚ましい進歩を遂げているAIですが、具体的にはどのように使われているのか、を意識している人は少ないでしょう。
AIの最先端技術は、どのように使われているのでしょうか?

AIの最先端技術に必要なもの

AIは、いくつかの最先端技術を組み合わせることで成り立っています。
どのような技術が使われているのでしょうか?
まず、AIに必要なのは情報の入力です。
かつてはキーボードで入力されたことに答えを返す、というのがAIの使われ方でしたが、現在の最先端技術では様々な入力方法に対応できるようになっています。
まず、これまでのように情報をデジタル化して入力する場合でも、一度に入力できるデータ量は各段に増えています。
これによって、データを多角的に見ることができるだけの情報量を扱えるようになっています。

また、人と同じく視覚情報や聴覚情報についても入力データとして扱うことができるようになりました。
こうした感覚に基づく情報は、AIに使われるセンサーが最先端技術による高性能なものに変わったことで可能となったのです。

例えばカメラだと、高解像度のカメラが使われることで含まれるデータ量が増え、またその画像も信頼がおけるものとなりました。
これまでの解像度だとぼやけて見えるような文字であっても、問題なく識別できるようになっています。

また、例えばAIが人の顔を見て年齢を判別する場合も、最先端のカメラを利用することで、人の顔にあるシワの後や肌の状態、髪質など細かいところまでデータとして得ることができ、より精密な判断ができるようになります。

これはモノに対しても同じで、経年劣化や塗装の剥げ、保存の状態などを基準として、製造からの年数や、買い取る際の適正価格などを判断できるでしょう。

AIの最先端技術は、まず入力の方法から最先端になっていくことで始まります。

AIの最先端技術を支えるもの

AIの最先端技術を支えるのは、分析能力です。
入力されたデータについては、正確に分析できなければそれを活かすことができません。
入力については時間をかければできないこともないのですが、分析については時間だけではなく、蓄積されたデータと高度な判断能力が必要となります。

例えば小売店では、毎日のように何かを安売りしています。
この安売りについて、最も効率よく売り上げを伸ばすには何をどう安売りしたらいいのか、という分析ができるのがAIの役割です。

AIと他の電子機器との違いは、結果を予測できるという点にあります。
そしてその予測を支えるのが、分析能力です。

例えば、この商品を安売りしたらどうなるか、という予測は人間でも可能です。
しかし、数十種類ある商品の中から、どう組み合わせたら最大限の売り上げを出せるのか、という分析と予測については、人間が行うと途方もない時間がかかります。
それをAIが行うのが、最先端のマーケティングです。

もちろん結果が違うこともありますが、その場合は蓄積したデータが不足していたためと考えられるので、その失敗もデータとして蓄積することで次回はより精度の高い分析と予測が可能になるでしょう。

AIを最先端技術へと導いたのは

AIの概念が生まれたのは、神話や物語で人工物に知性が宿る、というところからなのでかなり古い時代です。
そして現代のAIについての研究が始まったのは、1940年代からだといわれています。

しかし長年の研究において、AIはなかなか進歩が見られず、映画の題材として使われることはあっても、現実的に利用できるものとは考えられていませんでした。

その中でも、諦めずに研究を進めた人々によって、現在はAIが最先端技術として実用化されるまでに至ったのです。
今やAIは一部の分野において、人間を超える働きを見せるようになりました。
これからも、AIは最先端技術として研究が進み、様々な分野で活用されていくでしょう。