AI技術は現在非常に幅広い分野でその活用が検討されていて、次々と実用化されつつあります。
ほとんどの業界でAIを活用しようとして開発が進められていますが、その中でも特に注目している業界があります。

AIに対して特に注目しているのは、どの業界でしょうか?

AIは多くの業界で活用される

現在、AIはまだ開発の途上ではありますが、多くの業界で活用されるようになっています。
簡単なAIであれば、家電製品などにも組み込まれていて自動的に温度の調整を行ったり、音声入力によって動作したりといった使われ方がされています。

AIが現在注目を集めているのは、ビッグデータという大量のデータを利用する業界です。
ビッグデータは、とにかく大量のデータを集めたものです。
例えばコンビニの利用客について、基本的なデータとしては購入した商品とその客の性別や年齢、時間帯などのデータを扱うのですが、そこに監視カメラによる来店した客の映像や、店舗に滞在している時間、立地条件などをすべての店舗分集めた場合は、そのデータは膨大となるためビッグデータとして扱われます。

また、農業においては過去にさかのぼれるだけの農作物の出来と天候、環境、湿度、温度などをすべてデータ化した場合、やはりビッグデータとなるでしょう。
このビッグデータは、すべてに目を通すだけでも時間がかかり、さらにそのデータを分析していくというのはかなり難しいものです。

しかしAIであれば、処理速度を向上させたうえで並行処理を行っていくことで、ビッグデータの分析も可能となります。

そのため、AIは多くの業界から注目されていますが、特にこれまではデータを集めていたもののそれを活かしきれていなかった業界からは大きな期待を持たれています。

AIに対して特に注目している業界は?

それでは進化したAIに対して、特に注目している業界は具体的にどこなのでしょうか?
最近話題となっているのは、自動運転自動車の開発です。
自動運転自動車は、自動車にセンサーを取り付けて必要な情報を収集し、そのデータに基づいてAIが運転を代行するというものです。

現在も自動ブレーキ機能などは搭載されていますが、すべての運転を任せるためにはAIが予測という機能を持たなくてはいけません。
ただ目的地まで運転するだけであれば、これまでも可能でした。

しかし、人間が運転している場合、運転手は常に予測をしています。
例えば、車の陰から子どもが飛び出してくるかもしれませんし、前の車が急ブレーキをかけるかもしれません。
十字路では横から車や自転車が飛び出してくる可能性もありますし、信号無視をする車もいるかもしれません。

こうした事態に対して予測ができなければ、AIに運転を任せることは難しいのです。

しかし、現在ではAIが進化を遂げて予測することも可能となってきたため、自動車業界では開発が積極的に進められています。

法的な部分もあってまだ行動を走ることはできませんが。いずれ自動運転が実用化されることは間違いないでしょう。

AIに対しては、医療業界も注目しています。
AIを医療業界で活用する場合は、ウェアラブルデバイスというセンサーを24時間身につけることで患者の対象を監視し、異常があった場合はすぐに医師へと連絡がいくという使われ方が想定されています。
また、レントゲンなどの画像診断に対して、AIが画像を解析することで人間では見落としやすい以上も見つかるようになるという期待もされています。

将来的には、病気になった人のデータを大量に収集することで、未病の状態でも病気を発見できるようになるのではないかといわれています。

AIに注目している業界は多いのですが、特に自動車業界と医療業界はAIに対する注目が強い業界といって間違いはないでしょう。