今や新聞・雑誌・ネットニュースで毎日、
人工知能(AI)の話題を見ます。

第4次産業革命」「最後のフロンティア」とも
呼ばれるAIは、私達の現在の仕事を
どのように変えていくのでしょうか。


2013年に発表された「10年後に消える仕事」

 

オックスフォード大学の
マイケル・A・オズボーン准教授によって、
2013年に発表された


「雇用の未来」
という論文は、


世界に多大な衝撃を与えました。


この論文がいわゆる「AI脅威論」を
世に知らしめたもので、


オズボーン准教授は10年後には
多くの仕事がコンピュータに
取って代わられると予想しました。


同論文によると、
機械化される可能性の高い職種、
つまり「消える」とみられている職種トップテンは、


1.電話による商品販売員

2.法的文書の調査・要約・探索に従事する者

3.裁縫師

4.標準的な数式を用いた技術的問題解決に従事する者

5.保険業者

6.時計修理師

7.貨物取扱人

8.税務申告代表者

9.写真店

10.銀行の口座開設担当者

 

※「雇用の未来」の付録の表から作成

以上の10種です。


銀行や法曹関係の、
いわゆるホワイトカラーの職種にまで、
AIは手を伸ばしうることがわかります。


AI時代には人間は
失職するしかないのでしょうか?


そんなことはありません。
AIが人間に敵わない能力
いくつもあります。


それらの能力について考えることで、
まさしく「あなたの雇用の未来」を
見通していきましょう。

人間がAIに勝てる点―①コミュニケーションスキル

AI時代といえどもそれらでは
代替が難しい能力というものはあります。


まずはコミュニケーションスキル。


たとえば銀行業務を例にとると、
AIは顧客の所得状況などの
データの処理に関しては
人間を凌駕しますが、


人間である顧客に対しての
コミュニケーションを得意とするのは
当然、AIより人間です。


また、顧客に対してだけでなく、
組織のなかでのコミュニケーションも、
AIより人間に任せる方が
より効果があることでしょう。


コミュニケーションスキルは業種を問わず、
組織内で活動するのに不可欠です。

 

 

人間はどう働くべきか―②創造性

とくに技術系分野では、
創造性がカギを握ります。


何を作れば社会に有益か


世間は何を面白いと感じるのか、


に関して見極める・思いつく能力
AIは到底持つことができません。


クリエイティブな職に関しては
人間の領分であり、AI時代においても、
いやむしろAI時代だからこそ
創造性は必要となるでしょう。

 

 

・人間がAIに勝てる点―③AIにとっての「教師」業

 

AIが学習する内容を提供する
という点においては、
人間がAIの教師となる
ということもありえます。


製造業においては、
今のようにAI脅威論が
ささやかれる何年も前から、


「機械化失業」



という言葉が言われてきました。


人間より速く正確に、かつ疲れずに
作業を進められる機械は、
製造業においてしばしば
脅威とみなされてきました。


しかし、先述の通り、AIは
データを与えなければ無用の長物です。


最新の高性能AIを搭載した
作業用ロボットがあったとしても、


それに精密な作業を教え込むのは、
熟練の人間の職人であることでしょう。

 

 

人間がAIに勝てる点―④データに関する仮説の発想

そもそもAIとは


「深層学習」
という手法を使い、


大量のデータから学習し、
未来の結果を予測する
などといった課題解決をする装置です。

逆に言えば、AIはデータを
学習しなければ役に立ちません

このAIが必要とするデータを
提供するのは人間の仕事です。

具体的には、例えば営業職や
総合職について考えてみると、


契約しやすい顧客は
こんな特徴があるのではないか」や


この顧客はこんなものを
欲しがるだろう」などの仮説を立て、


それらに関連したデータを収集し、
AIに学習・検証をしてもらう
という図式です。


顧客についての仮説は、
人間社会が絡む複雑な事象
見通さなければ思いつかず、


いわば人間の
「勘」「インスピレーション」によって
発想するところが大きいでしょう。


こうした能力はAIにはない
人間特有のものであるでしょう。

 

 

本当に危ないのは国際競争に負けること?

AI時代が到来しても、人間は
様々な面で仕事に必要な能力を
持っていることがわかりました。


巷で言われる「AI脅威論」への
解決策が見出されたように思われますが、
AIに仕事を奪われる未来よりも
もっと喫緊かつ現実的な問題があります。


それは、AIを活用して
産業を成長させる他国の台頭です。


アメリカは言わずもがな、中国では、
バイドゥやアリババがAI開発に


力を入れており、GoogleのAIにも
見劣りしない技術力を蓄えつつあります。


こうした他国との競争に負け、
日本が国として貧しくなっていくことの方が、
「AI脅威論」よりも危惧すべきこと
なのではないでしょうか。


AI時代においては、
私達自身の能力や
個性を問い直すと同時に、


世界とのつながりを
考えていくべきなのでしょう。